「错误 (cuò wù) 間違い」の音声は以下をクリック。

昨夜のこと。ちょっと遅目の夕食をいつもの海鮮料理屋で済ませた時。

スタッフの食事休憩が始まりました。
私の訪問が普段より遅めだったので、スタッフ食事会にバッティング。

数十人のスタッフが丸テーブルを取り囲み、
大皿料理を先を競い合うように取り合います。
オカズをお椀に山盛りに乗せ、白飯をガツガツ。

店のオーナーのお父さんから「一緒に食べるぞ!」とお誘い。
「食事は済ませたし」と思ったのですが、
折角なので席を移動して歓談の輪の中へ。
お父様から赤ワインを勧められました。
1417526878271

1417526880913

中国のレストランのスタッフにはサービス、
愛嬌という言葉は不適切。無いと言っていいでしょう。

ウエイターは決まった動きを、最低限繰り返すのが、
中国式なのですが、挨拶を繰り返し、通いに通い、
顔見知りになると、こんな感じでお誘いを受けることも。

このお父様70過ぎという事もあり、
普通語が得意ではないので、話し言葉は舟山方言。
そのため私との会話は分からない点も。

お父様もそれは自覚しているのですが、
聞く分にはこちらの普通語は分かるので、
関係が成立します。

ワインの乾杯を繰り返した時に、
日本語知ってるぞ!と言いだしたかと思うと、
「よし、よし」「み~しみし」と笑いながら言い始めました。
周りの中国人も大爆笑。
声に合わせて「よし、よし」「みしみし」大合唱。

「よしよし」は、抗日ドラマの悪代官的な日本軍人が、
部下の成功や中国人の成敗の際に「よしよし」と頷くシーンが。

そんな場面で多用されるので、
彼らには「よしよし」はメジャーな言葉。

「みしみし」は「もしもし」が訛ったのか、
または日本人の挨拶と勘違いして中国人が覚えた言葉の一つ。
カナリの確率で「ミシミシ、みーしみし」と、言われます。
この単語もドラマの影響大のようです。

「それ日本語じゃないよ!」と言うと場がしらけそうなので、
「そうそう、よく知ってるね!」と話を合わせますが、
日本語を知らない中国人と会話をすると、
こんな場面に出くわすことも。

中国人の間違った認識ですが、
「みしみし」と「よしよし」は日本語と思っておきましょう。

色んなミスに効果てきめん!間違えに使える表現。間違い、ミス【错】