儿化についてご質問があったのですが、
私は正直、儿化はそんなに使っていません。
これは生活環境が大きく影響していますが、
学校で習ったのは「儿化」を付けることで、
意味の間違いを防止するというもの。

例として覚えたのは「一点」という中国語について。
「一点(yì diǎn)」には多さ少なさを表現する「少し」と、
時刻や時間を表現する「1時」の意味があり、
「一点」のままだとどちらか分かり難い。

そのため「少し」の場合は「儿化」を付け足して「一点儿」とする。
と習った覚えがあるのですが、
上海の街でこれを使っている人を見かけない。

「一点儿」とは別に「一点点」という表現にすると、
同じ「少し」という表現になり、
上海では「一点点」を聞く機会の方が多いです。

「儿化」は北の地方が使う比率が高く、
何にでも「儿化」の巻き舌が使われているので、
結局は時間の「一点」にも結局「儿化」を付けてしまっていて、
北に行くと巻き舌ラッシュに遭遇。

正直慣れるまでは聞こえない、
または慣れても聞こえない場合もあります。

学術上は明確なルールがあるかも知れませんが、
生活で聞いてる上では、
明確なルールがあるようで無いというのが正直な所です。

※辞書には「普通語と一部方言にある発音表現で、
接尾語としての儿は独立せず、前の音と一緒になって発声される」
と書かれていました。

ちなみに北の方からすれば私の中国語は「儿化」を使わないので、
語尾が堅い中国語と指摘される可能性が高いです。

先程も説明しましたが、
南では「儿化」を使わないかわりに「点」や「里」を使い、
「少し」を「一点点」として表現。
北では「你去哪儿」南では「你去哪里」という感じで使っています。

これは私の勝手な推測ですが、
北の冬は口を開けて話すのが死ぬほど寒い。

話しの最後に口を大きく開けてしまうと、
強烈に寒い空気が腔内に入り込むので寒い。
そのため舌を巻き込んで空気をシャットアウト!
そうしたら巻き舌の出来上がった、
なーんて、私は勝手に妄想しています。

上海で巻き舌の中国語を話す中国人を見かけると、
多分北の地方の人なんだろうなぁと、
少しは推測ができたりするのです。

スポンサーリンク

今日の振り返り!中国語発声

儿化 (ér huà)  巻舌音化、r化

口音 (kǒu yīn) 発音