日本も一部サービスがあるようですが、
企業間の利害関係があるのか中々便利にはならないですね。

友人と恒例のバドミントンで汗を流したあとに、
帰り際の地下鉄での話題になったのが「交通カード」について。

中国の「交通カード」は「キャッシュレス社会の中国って何処まで財布が要らないの?」でご紹介したように、
日本の「Suica」のように実物のカードタイプが主流だったのが、
スマホにQRコードを表示する改札口の対応が開始され、徐々にカード不要の動きも。

私も以前スマホでアプリ登録しようかと思っていたのですが、
サイトをご覧の上海在住の方から「外国人はまだ未対応です」
と情報をもらい、利用を諦めていました。

そんな一歩先ゆく上海の交通カードの状況なのですが、
友人がiPhoneを改札口に置いて改札を通過。

聞くとスマホにQRコードを表示して通過したのではなく、
iPhoneに搭載されたICタグを利用してみたとの事。

実は私もこのスマホICタグの登録方法、知っていたのです。
私のHUAWEIスマホにも同様にICタグが搭載されていて、
登録にチャレンジするも「設定が面倒くさくて諦めていた」のです。

しかしスマホのシステムがバージョンアップしていたので、
「もしや!」とスマホを確認すると、さすが!登録がシンプルに大変身。
折角なので登録してみました。

基本的な流れはこんな感じで携帯に交通カード登録が完了します。
(1)HUAWEIの「ウォレット」を選択
スマホウォレット画面

(2)乗車カードを選択。「+」をタップして下さい。
交通カード登録

(3)追加したい交通カード選択
交通カード一覧

(4)利用の同意を確認
スマホデコ痛カード利用同意

(5)乗車カードを追加
交通カードは4つまで

(6)チャージしたい額を選択
交通カードのチャージ額

(7)決済方法を選択。
WeCahtと銀行カード決済選択

(8)選択した決済方法で決済登録。
決済選択

(9)チャージ完了、バンザイ!
決済完了案内

まず驚きは対応しているカードの種類が、
上海、蘇州、武漢、北京、深圳、广西、广东岭南と「7都市」対応。
友人に聞くとiPhoneは上海と北京のみ。
この辺はAndroid™がスピーディに対応が進んでいるようです。
※Android は Google LLC. の商標です。

上海の交通カードを選択するとWeChatか銀行カードでの決済対応。
都市によって銀行カードのみと選択肢は様々でした。

ちなみに私のHUAWEIスマホでは、
4枚の交通カードを登録できるようです。
これで出張が多い拠点のカードも登録可能です。

利用デポジットして27元が取られましたが、
これでまた財布からカードが一枚不要となりました。

スマホ交通カードにチャージ後、実際に使ってみた

無事にチャージも済んだので実際に使ってみました。
イザっ初体験です。

中国にいるとどうしても一瞬頭によぎるのが、
改札口で「ガシャン」っと使えずに、ぶつかるんやなかろうか。という事。

ドキドキしつつ、携帯は画面起動などせず、
何も触らない状態で改札口に触れてみました。
「ブルッ」と携帯がバイブで動いたと思った瞬間、画面にこんな表示が。
上海スマホ版交通カード利用前

見事に成功です!

そして地下鉄を降りて、改札に触れた瞬間、またブルリ。
上海スマホ版交通カード利用後

画面コピーに失敗して往復して画像を撮ってしまいました(汗)
本当にこれで交通カードとおさらば。機会があればバスとタクシーで挑戦です。

日本では実カードを使った改札通過が中心。
また実カードと他のサービスが連動され、
チャージ額が減るとクレジットカードから補充される仕組み。

日本は交通カードとクレジットカード、
中国はスマホと電子マネーの関係性が更に進みそうです。

交通カードのチャージ作業がこれで不要になったので、
窓口で現金を渡したり自動チャージ機械でのチャージはサヨウナラ。

中国ではこうやって窓口業務を減らし、
利用者が自分で代わりに作業を行い効率化を行っているのです。

「高齢者には難しい」と思われそうですよね。
しかし上海に限った話かも知れませんが、
中国人の高齢者の方もかなりの確率でスマホを普通に操作。
日本人以上にデジタル化の対応は進んでいるのです。