「太贵了 (tài guì le) とても高い。」の音声は以下から。
※「le」は本来は軽声ですが、音源の関係上、四声の音源を使っています。

白酒イッキで終わった北京ダックの夜は、
東北人の友人宅に宿泊しました。

5年位前からの知り合いなのですが、
現在は独立して総経理(社長)をされています。
忙しい中、時間を割いてくれました。

翌日の朝、「事務所見ない?」とのお誘い。
新オープン予定の事務所へ案内を受けました。
123_DSCN7538

聞くと新築ビルのフロアの一角を買い取ったそうでして、
フロア面積、250平米。お値段800万元1.3億円!!
同じ会社で働いてたよね?どうやったの??と内心思いましたが、
ここは日本人、聞けませんでした。

独立して2年。こんな物件を入手するとは、
中国ドリームの始まりと言っていいでしょうね。
※見た目の服装は、いたって普通の人です。

新しい事務所の紹介の最後に、こんな質問を受けました。

「天井の報知器、スプリンクラー、非常出口のランプ、
併せていくら位の費用と思う?」
123_DSCN7549
えーっと、と考えていると、
「10万元するのよ。」と教えてもらいました。

その時、ついつい「太贵了」と声がポロリとでたのですが、
本人も「そうだよ。ほんとう、高い。」とポロリ返し。

開設にあたり消防局の確認が入ります。
確認前にこの設置をしておく必要があるのですが、
設置には消防局の”指定の業者”を使う必要があります。

指定の業者を使わないと”安全の承認をしない”など、
変なクレームがあったりするので、
仕方がなく指定業者を使ったとか。

それでも予定の開所式より、
2週間遅れてしまうと嘆いていました。

「太贵了」は値段が高い時に使うセリフです。
反対に安い時は「太便宜」と使いましょう。
買い物の時によく使うフレーズの一つです。

スポンサーリンク