ご近所のいつもの足按摩店。
春節後、初めて行ったのですが、
いまだ一部のスタッフ戻っておらず。

普段は忙しい時しか按摩をしてくれない、
オーナー自らが按摩をしてくれました。
ちょっとラッキー。

按摩を始めると横の客が妙な動き。
ノートを広げて、電話をかけ始めました。

見るからに按摩は終わった様子。
按摩の後に少し休憩しながらの電話か、
と思ったのですが立て続けに電話をして、
ノートに番号を書き足したり、消したりしています。
130_1392901532139

電話の内容は、「☓☓会社の社長です、
御社の社長の番号を忘れたんで、連絡先を・・・」
と、どうも名刺の情報や会社の連絡先から、
お金になりそうな連絡先を集めている様子。
130_1392901838283

按摩屋で目撃できるとは思っても見ませんでした。。。

携帯の電源が切れかけたようで、
「充電していいか?」と店主に質問。
店主も嫌とはいえず、了承していました。

ワタシの按摩が終わる一時間後には、
彼は席を立って按摩屋を後にしました。

立ち去ると同時に店主が
「よーやく帰ってくれた!」と一言。
聞くと三時間も居座って、電話を掛けたり、
ブツブツ独り言を言ったりと、困った客だったようです。

スタッフがまだ帰省先から帰ってきていないばかりに、
店も混んでいないので、帰ってくれとも言えずに、
ずっと帰るのを待っていたようでした。

骚扰电话(sāo rǎo diàn huà)
骚扰(sāo rǎo)とは、
元々「騒がす」「騒然」「騒ぎ乱れる」などの意味があります。

ここ最近こんな、
いたずら電話や迷惑電話が横行しています。

「☓☓会社の者です。今回保険の・・」
「王さんの携帯ですか?」
「こんにちは、弊社商品紹介を・・・」
「不動産興味ありませんか?もしくは金融投資に・・・」
こんな電話ばかりです。

中国のいたずら電話を聞いていると、
2パターンがあるようです。

日本と同じように相手の出方を伺うパターン。
姓名が日本に比べて格段に少ないので、
「王さんですか?」などで相手の姓名がヒットしないか質問してきます。

あとひとつは、こっちは無視。
一方的に自分が話したい事を
連呼・マシンガントークをしてくるパターン。
何れにしても「外国人です興味なし!」なのです。

携帯番号を登録後、
すぐにいたずら電話が開始されるので、
登録した会社から、だだ漏れている事が分かります。

理由は他人名義で番号登録した場合、
登録した他人の名前をピンポイントで
いたずら電話がかかります。

昔、日本でも情報が売買されていたように、
今の中国でも登録された情報が直ぐに名前と共に、
売買されているようです。

スポンサーリンク

今日の振り返り!中国語発声

骚扰电话 (sāo rǎo diàn huà) いたずら電話