「春卷 (chūn juǎn) 春巻き」の音声は以下をクリック。

春節の年夜飯に毎年出てくる料理があります。
一つは前回紹介したお頭付きの魚料理。

「年年有余(nián nián yǒu yú)」と呼ばれる中国語、
「年々ゆとりが有るように」という意味に縁起を掛けて。

年夜飯のシメが近くなると出てくる料理、八宝饭(bā bǎo fàn)
コレは、もち米を蒸し上げた中華菓子の一つ。
もち米の中にはあんこ。外側にはナツメ、あんこ、クコの実、
クルミ、蓮の実などを載せています。

シメ近くに、もち米のボリュームは少々堪えますが、
縁起物なので一口パックリ、甘い。
389_P2183417

そしてもう一つ。それは春巻き。
日本ではあまり季節を気にする食べ物ではありませんが、
中国では立春が近くなると食べる料理の一つ。

春巻きの具材は、炒めた竹の子の細切り、黄ニラ、豚肉の千切りの三種が餡。
三種類の細切り具材が入っているので、三丝春卷(sān sī chūn juǎn)と呼ばれます。
もう一品は、あんこを巻いた春巻き。
李さん宅では例年この二種類の春巻きが振る舞われます。
389_mmexport1424308622992

上海人は特に年夜飯で食する品。
街ではこんなマダムが商売をしています。
THE春巻き皮屋。

マダムが片手に持った春巻きの原料を、
アツアツに熱した円形状のフライパンに乗せたと。
乗せたと同時に薄く生地状に原料が焼き付きます。

水分が抜けるとマダムが慣れた手つきで、
春巻きの皮を取り上げます。
389_P2183375

389_P2183376

389_P2183379

389_P2183380

389_P2183382

出来たての皮という事もあり、お昼には長蛇の列、大人気。
皆さん夕食の準備で必須の食材の一つ。

春巻きの中国語は「春卷(chūn juǎn)」
漢字は何となく似ているように見えますが、
「巻」の漢字が違います。中国語は「卷」
揚げたてパリパリの春巻きを食して、春の到着を待ちましょう!

スポンサーリンク