「做法 (zuò fǎ) 作り方」の音声はコチラから。

先日、海鮮レストランを紹介しましたが、
1つ重要な事をお伝えしていませんでした。

基本食材を選択すると、調理法を伝えなければなりません。
もしくは店員のお任せ。
注文に慣れないので店員セレクトが安心ですが、
どんな調理方法で出てくるかドキドキ不安ですよね。

ちょっとだけ調理方法を覚えておいて、
自分好みの注文をチャレンジしてみましょう。

海鮮料理でよく使われる中国語による調理方法をご紹介

红烧(hóng shāo)醤油煮

一般的に肉料理のイメージがある、红烧。
醤油煮込み、という意味ですので、魚料理でもOK。
太刀魚、エイ、アンコウ、ヒラメ等など、白身魚は一般的に红烧が合います。
177_1DSCN5645

清蒸(qīng zhēng)せいろ蒸し。

日本料理にはあまりない概念。
下処理した魚を醤油や塩、少々のごま油などを加えて、
セイロで蒸した料理。
魚や貝など食材の鮮度が良くないと味わえません。
鯛、太刀魚、クエ、ハタ、アゲマキガイ(蛏子)、舌平目、ヒラメなど。
177_2DSCN5605

白煮(bái zhǔ)湯引き

普通のお湯で茹でただけの調理法。
もろ食材の鮮度が求められます。
巻き貝、ムール貝、エビ、イカやタコで用いられる調理法です。
177_3DSCN7276

盐水(yán shuǐ)塩ゆで

塩水や調味料を加えた水で茹でた料理。
巻き貝、エビの調理に使われます。
177_4DSCN9886

椒盐(jiāo yán)スパイシー素揚げ

素揚げまたは溶いた小麦粉を衣をまとわせ油で揚げた料理。
最後に塩コショウなど数種類のお店独自のスパイシー調味料で味を整えています。
素直にビールに合う味付けです。
エビ、シャコ、龙头鱼(テナガミズテング)など。
177_7DSCN7920

炒(chǎo)炒める

困ったら炒め物を注文しましょう。
海鮮だけで炒めるのではなく、食材に合った野菜を一緒に炒めてくれます。
イカやアンコウの肝だと高菜、アサリなどは生姜とニンニク、
セロリや百合根、玉ねぎなどを用いて炒めてくれます。

イカ、アゲマキガイ(蛏子)やアサリなど貝類、タコ、あん肝、エビなど。
177_5DSCN7268

跑蛋(pǎo dàn)卵焼き

中華オムレツ!と言って良い調理法です。
溶き卵にみじん切りのアサツキ(万能ねぎ)を混ぜて、
海鮮を混ぜて平たくフライパンで焼いた調理法。
牡蠣、エビ、アサリ、白魚でよく調理されます。
177_6DSCN5599

生/生吃(shēng/shēng chī)生

ズバリ生!流石に怖くてこれまで経験がありませんが、
最近の中国人はよーく生で食しています。
刺し身や寿司の影響が色濃く出ている証拠です。
サーモン、赤貝、ほっき貝、牡蠣が対象です。

汤(tāng)スープ

よく出汁の出る、魚介類を使って、
豆腐やキノコ類を使ってスープとして食します。
はまぐり、アラカブ・カサゴ、エビ、干し魚、龙头鱼(テナガミズテング)などを使います。

粉丝蒸(fěn sī zhēng)春雨乗せ蒸し

大きめの貝の上に、
春雨を置いてニンニクベースのタレをかけて、蒸した料理。
パックンパックン何口でも食べれる調理法です。
ホタテやアワビ、牡蠣でよく食されます。
177_8DSCN9890

お気に入りの調理法と海鮮を探して注文してみましょ!

スポンサーリンク