「过年 (guò nián) 年を越す」の音声は以下から。

以前のコラムで紹介したように、
中国人は家族・親族との絆を非常に大切にします。

ある友人の上海人、李さんのご自宅。
昨夜の大晦日の写真です。

ワタシが日本に帰らず、
上海で年越しをすることを知ると毎年呼んでくれるのですが、
他の中国人にその話をすると、驚かれます。

家族を大切にする中国人に取って、
年夜飯の席に、それも大晦日の日に友人を招くのも珍しいし、
まして外国人を招くだなんて、大切にされている証拠ですよ、
と言って頂きます。

最初はそんな事はつゆ知らず、
軽い気持ちでご招待を受けていたので、
正直知りませんでした。

今では李さんのお父さんから、
『ここはお前の上海の家だから、いつでもいらっしゃい』
と、ジーーーーンと心に染み込む、一言を頂きました。

部屋に掛かる書道と絵はお父さん作品。
素晴らしい趣味をお持ちです。
228_DSCN9371

228_DSCN9370

今年は会ったことがない初めての親戚もお見えになりました。

上海の家庭なので仕方がないことですが、
一部の会話が上海語中心となるので、
中国語・上海語・日本語と色々な言語が乱れ飛ぶ、
年夜饭となっています。

みんなでワイワイと話し、笑い、
酒を酌み交わし、夜は更けていきます。
年夜饭は、中国人の温かさを一番感じる瞬間。

上海の春節ではこんな食べ物を食べつつ、新年を迎えます。
写真以外にもどんどんコレでもかと料理が運ばれ、
最後は必ず魚を食べて、一年を締めくくります。
228_DSCN9351

塩もみした根セロリの前菜

根セロリの皮は厚く硬いのですが、
一生懸命皮をムクと風味豊かで色鮮やかな、
エメラルドグリーンが顔をのぞきます。
素揚げしたネギ油を使って、味付けしています。
228_DSCN9352

エビの素揚げ

素揚げしたエビに醤油仕立のソースを和えた、
子供に一番人気のエビ料理。
228_DSCN9353

キュウリの酢の物

キュウリと人参のシンプルな、酢の物。
味付けは日本と近いです。
228_DSCN9354

中華風牛肉の醤油煮

赤身の部分をゆっくり煮込んだ牛肉の醤油煮込みです。
228_DSCN9355

クラゲの前菜

クラゲのコリコリとした食感が堪らなーーい。
香草との相性もバッツグンです。
228_DSCN9356

中華風豚肉の醤油煮

脂身の部分をゆっくり煮込んだ豚肉の醤油煮込みです。
牛の煮醤油煮とこの料理は保存が効くので、正月によく食されます。
228_DSCN9359

中華風水菜の炒めもの

水菜など日本ではあまり一般的ではない野菜も、
中国ではよく食されます。

シャッキシャッキとした食感と、
鼻に抜ける独特の風味がワタシに取って、
結構好きな食べ物の一つです。
228_DSCN9360

李母さんの腸詰め

この腸詰めは、李さん宅の手作りです。
少し塩っぱいのですが、そこが逆に手作り感が感じられます。
一般的な店舗でも売られているとのことですが、
腸詰めの中にどんな肉を使っているのか、分からないのと、
自分で作った方が美味しいので、手作りにこだわっているそうです。
228_DSCN9361

マメ煮

日本と同じくマメ煮を食べます。
マメとナツメを一緒に煮込んでいるので、
白かったマメが、ほんのり色づいています。
228_DSCN9362

白菜の漬物

白菜を千切りにして、軽く塩もみをして、
唐辛子を和えた即席漬物。
228_DSCN9363

湯葉の和え物

中国は大豆製品天国。
湯葉に人参、パクチーなどを和えた一品。
228_DSCN9365

ほぐした大ウナギの身

以前紹介したオオウナギを
ジックリ水で戻した身です。
サッパリとした身で、パクパクいけます。
228_DSCN9366

お麩とキクラゲの和え物

上海料理の前菜、代表格。
お麩とキクラゲ、シイタケや竹の子を甘辛く煮た前菜です。
228_DSCN9367

中華ハム

上海地方ではよく見られるボンレスハムです。
日本のお肉屋さんにある、
外側が赤いハムと同じですね。
228_DSCN9368

李母さんの手作り春巻き

華東地区の春節では春巻きを食べます。
春巻きには春を迎える、という意味があり、
春の訪れを今か今かと待ち望んでいます。
今回の春巻きはアンコ巻きと、
シイタケ、豚肉などの一般的な春巻きの2種類でした。
228_DSCN9369

そんな中国人の心理、頭の構造を知りたいなら、
この本がオススメ。

仲間内の付き合い方、なぜ友人を大切にするのか、
など中々日本人とは思えない分析で、
中国人を紹介しています。

スポンサーリンク