来週当たり再訪しようと思っています。
どんどん中国の良さが失われていて残念な点です。

私は自宅近所に行きつけの中華料理屋というのが、
4,5件ほどあるのですが、外食する場合は新しい店舗を訪問しつつ、
行きつけのお店をローテーションするのがお決まり。

ただお酒をそこまで飲まなくなった事もあり、
外食の頻度も徐々に減ってしまっているのですが、
ローテーション筆頭の温州海鮮レストランへ足を運ぶと、
道路をまたいだ場所から店舗を見ると、
妙に店舗から漏れる明かりが少ない。
ブロックで閉ざされた中華店舗

道路を渡って実感。普段ガラス戸のレストランが、
何かに光を遮られているのです。
ブロックで閉ざされた店内

店内に一歩足を踏み入れて納得。
ブロック塀とコンクリートでがっちり店舗を塞がれていました。

オーナーに話を聞くと数日前に政府側がやってきて、
こんな状態にしていったのだとか。

これ「立ち退き」の可能性大かも知れません。
道を渡ったエリアの一体にある店舗が、
全て立ち退きが終わったのを知っていました。

残念でありますが、街の土地整備が始まると、
家族経営で大型ショッピング店舗に入る資金がある訳でもなし、
どうしてもこんな小規模レストランはターゲットになってしまいます。

新しい店舗探しは?と質問をしたのですが「まだ」との事。
営業は取り敢えず出来るそうで、
数日経てばブロック塀も取り除かれる。
と本当かどうだか分からない話をしてくれました。

この店舗は温州料理専門の海鮮レストランで、
8年くらい私の胃袋を満たしてくれた大切なお店。

温州料理には赤飯、らっしょうや大根の酢漬けなど、
日本料理と味付けがほぼ変わらない料理が食べられていて、
このお店を通じて新しい中華料理の種類を知ることができました。
関連記事「いつ食す?中国人も食すおめでたいご飯。赤飯【红豆饭】

それに誰に食べさせても唸るだろう、
上海では数少ない焼きビーフンが提供されていたりと、
海鮮レストランなのに海鮮以外が十分に楽しめる、
カナリ上位ランクのお店だっただけに、
今後の店舗の移動場所が気になる所です。

営業時間も夕方6時から朝方の3時4時までと、
カナリ他の中華料理屋と営業方針が違っていて、
深夜出張で上海に戻り付いた時に駆け込んだこともある、
想い出深い店舗なだけに、
連絡先を早く交換しておいた方が良さそうです。

そろそろ潰れるかも知れないですが、店舗情報をコソッと紹介。
温州农家乐小海鲜
东宝兴路1012号
地下鉄8号線2号出口から400メートルほど

今日の振り返り!中国語発声

砌块 (qì kuài) ブロック

水泥 (shuǐ ní) セメント

スポンサーリンク