新規参入も良いのですが、
もうちょっと考えた方がいいでしょうね。

上海のバス停で最近見かける黄色い物体があります。
それは傘!

傘が停留所に二本から三本ていど、ぶら下がってやがるのですが、
もちろんこの傘は意図的に置かれている傘なのです。
新しく始まったシェア傘ビジネス

以前シェア自転車の次に始まったシェア傘のご紹介しましたが、
地下鉄構内に設置したシェア傘は、
場所も機器も幾分投資額が多くなってしまうので、
初心に戻って傘に番号入力で解除できる鍵タイプを再投入。

失敗を糧に再登場したIotビジネス。レンタル傘【借伞】

このローコストタイプの傘、深センで開始されたのですが、
盗難騒ぎが相次ぎ、
今回のようなワイヤーモデルを投入したのだと思います。

ただローコストで上海の街に傘を投入したようなのですが、
写真からもお分かりの通り、
傘と鍵をつなげるワイヤーをブッツリカット。

敵も中々、この程度の太さのワイヤーだったら切断して、
傘を持ち帰ってしまうんですね。
シェア傘ビジネスワイヤーカット

ワイヤーを切断方が借りるより面倒な気もしますが、
切断後は自由に使えますし、切断してしまったのでしょう。

このあたりが放置ビジネスの難しい所。
シェアする品が小さいとこんな形で持ち去られてしまいます。

ここまで来るとワイヤーを図太くするか、
鎖に変更するしか無いようです。

こんな点ビジネスを始める前に分かりそうなモノですが、
エンジェル投資家から投資額を獲得して、一か八かビジネスを始め、
上手く行ったらワイヤーを太くしたりと、
運用面強化のコスト追加を考える。

切れたワイヤーを見ながら、
中国人のビジネスの進め方を感じてしまったのでした。

今日の振り返り!中国語発声

密码锁 (mì mǎ suǒ) パスワードロック

雨伞 (yǔ sǎn) 傘

スポンサーリンク