「收据 (shōu jù) レシート/覚書」の音声は以下をクリック。

以前、中国にある発票というモノをご紹介しました。

中国にはこの発票とは別に、
「收据(shōu jù)」と呼ばれる品があります。
325_PB162704

会社運営や財務などに関係していると、
たまに目にするこの收据。覚書として相手に渡す品です。

「発票と何が違うの?」と質問を受けたので、
ちょっと発票と違う点などをご紹介してみましょう。

購入場所
発票の購入先は税務署。
收据の購入先は文房具店。

街の至る場所にある、文房具店で購入が可能です。
お値段は種類にもよりますが、5元程度。
覚書の品ですからね。

收据の使い方って?
発票と似ているのですが、渡す相手の名前(企業名)、
アラビア数字と中国独自の大写を書いて不正防止。
費用に対する項目名を記入します。
会社から発行した事を表す為に会社印を押印します。

記入するこの用紙。二連や三連の用紙なのですが、
基本写しが出来るようになっています。

転写された用紙は自分側で保管。
実際に記入した側は必要とする相手側に渡します。

発票と何が違うの?
発票は売上と費用の証明書。
売上側(発票を発行した側)からすると、
この発票に書かれた額から税金を計算して支払います。
直接税務署から購入するので、先に税金を払っている場合も。

收据は売上と費用の覚書。
帳簿整理をする際に幾ら支払ったか、判断するために必要。

会社によっては発票のみ精算可能。收据はNGという会社も。
理由は收据が文房具店など至る場所で購入できるので、
社員が勝手に購入し勝手に費用を水増しする可能性もあるためです。

普段見かける「发票」の名前が付いていない、
「收据」の名前が付いた費用精算をもしスタッフがしてきたら、
不正している可能性があるかも。ご注意下さい。

スポンサーリンク