「卫生纸 (wèi shēng zhǐ) トイレットペーパー」の音声は以下をクリック。

P31-01_PNG-400x3431

日本と中国の生活で、すぐに気がつく異なる点。
トイレに行くとトイレットペーパーが置いていない点。
以下はワタシの経験上の設置率です。

公共トイレで設置率0%。
大学のトイレで設置率0%。
地方長距離バスターミナルで設置率0%。
工場構内で設置率半々。
オフィスビルで設置率半々。
百貨店で設置70%。
5つ星ホテルは設置率100%。
飛行場は設置率100%。

未だに上海の一部の公共トイレでは、
昔なつかし、ニーハオトイレが健在ですので、
トイレットペーパーの設置が、公共トイレでされるのは、
まだまだ先のことでしょう。

中国人に質問した、設置しない理由のNo.1は、
「当然でしょ、全部盗むに決まってるじゃん」
と、力強く即答でした。

その為、中国で設置されている場合は、
鍵付きでロールが収納されるフォルダーに備え付けられています。
DSCN9486

それとある程度のステイタスがある人しか、使いそうにない場所。

そんな中国トイレ事情。
会社のディスクには通常トイレで使う、
ロール巻きのトイレットペッパーを常備。

それを持ってトイレに向かいます。
自分用と分かるように”王”や”李”と名前を書いている場合も。

ワタシも中国生活が始まって、
ポケットティッシュは手放せなくなりました。

最近は徐々に見かけなくなりましたが、
公衆トイレの入り口には、窓口管理者がスタンバイ。

トイレ使用料0.2元、
トイレットペッパーを要求すると更に0.3元など、
費用を払ってトイレを使えるシステムになっていました。

小銭が無いと使えなかったり、
お釣りを渡すのが面倒だから結局タダだったりした時代です。
最近は無料化になり、この窓口管理者が居なくなっています。

コンビニエンスストアで1元程度で
ポケットティッシュは購入できるので、
中国滞在中は必ず何処かに忍ばせておくのをおススメします。

世界共通、盛り上げるのはトイレネタ

中国生活習慣、日常で見かける、トイレあるある。トイレ【洗手间】】
中国のトイレはトイレットペッパーを流すと詰まるって本当?詰まる【堵塞】
中国男性トイレでよくある携帯&タバコネタ。習慣【习惯】
トイレから垣間見える、中国裏世界。法律を犯す/違法【违法】
トイレから始まる文明改革もある。文明/文化【文明】

↓↓↓「この近くにドアのあるトイレってどこですか」の質問方法を知りたかったら、この書籍。↓↓↓

スポンサーリンク