開始された反応を見てみると正直、皆さんキツそうです。

3月1日から上海で一つ取締りが厳しくなりました。
それは全ての室内の公共の場所、職場、公共交通期間で全面禁煙。

バシッと地下鉄の駅には通知を表す看板が掲げてありました。

タバコには数百とも言われる有毒物質が含まれ、子供に重大な健康問題を引き起こす。
耳への感染、喘息発作、致命的な肺炎など、タバコによって引き起こされるであろう、
様々な病気を全面に訴える内容。
自分自身の健康以外に自分の子供達にも、大きく影響を与えるという点をアピール。

ココ最近の中国の取締りは本気です。

今までは取り敢えず取締りを開始して数ヶ月すると徐々に弱め、
気がつくと以前と同じ状態という事も多かったのですが、
春節時に始まった「爆竹禁止」が良い例なのですが、取締りを弱めずに継続して遵守。
関連記事「春節前の準備事項。市内でアレを鳴らすのは禁止。花火【烟花】

当たり前と言えば当たり前なのですが、
タバコは人と人との距離を縮めるための必須アイテムだったり、
結婚式には各テーブルに高級タバコが置かれていたり、
中国の市民生活の中で切り離せない存在だったのですが、
国を挙げて全面禁煙を市民に促しているのです。

今まではオフィスビルの非常階段に寂しげに置かれていた灰皿。
施行後は撤去。非常階段に集まる中国人は「ほぼ」居なくなりました。

先週日本から訪中していた友人の話しですと、
喫煙ルームを元々予約していたのに、3月以降は喫煙ルームも禁煙ルーム扱い。
灰皿も置かれていないし、テーブルには施行後は喫煙できないと、
お達しが置かれていたそうです。

個人的には愛煙家ではないので、有り難い話しではありますが、
中国のタバコの消費量は日本に比べてもとんでもない消費量ですし、
全てでは無いですがタバコに使われている原紙は日本からの輸入品も扱われています。

この禁煙条例すでに上海以外にも北京でも実施中。
この条例が中国全土に広まると日本の商社などにも、
ジワリじわりと打撃を受けることになるかも知れません。

今日の振り返り!中国語発声

全面 (quán miàn) 全面

禁烟 (jìn yān) 禁煙

スポンサーリンク