中国語の発音を勉強するに当って、どれだけ中国語に発音があるのか?正直気になる所ですよね。数えましては、、、ざっと407個!!

ここでは自分が学習して思った中国語の発音を学習する上での心構えの紹介と中国語のピンインの母音と子音の発音表をまとめてみました。PDF版もありますので印刷して勉強に利用してみて下さい。

スポンサーリンク

日本語と中国語の発音の数の差とは?

日本語の発音には直音、拗音、濁音、鼻濁音、半濁音などなど合計して114個程度。日本語の合計数と比較すると、実に3.5倍以上。数を聞いただけで、ちょっとゾクゾクと落ち込んじゃいそうな数です。

中国語の発音習得時に気がついたポイント

ただ発音を1つ1つ発音を聞いて練習の勉強していくと「アレッ?」と分かることがありました。

それは中国語の一部の発音は日本語と似ている場合があります。例えば「ma(まー)」「 ta(たー)」などは日本語の発音と似ており、結局、自分なりに調べてみると半分位の音は日本語と類似しているので、発音の数が多いからといって全ての発音をゼロから覚える必要はありません

スポンサードサーチ

中国語の発音を学習する上での大切な心構えと発音レッスン

まず自分自身で分かる音、分からない音。言い換えると発音ができる音、発音が出来ない音を、1つずつ落としこんで明確に理解し仕分け作業をする。自分を安心させ自信を持たせる為に結構、重要な作業の1つです。

例えば、「ゼロからこんな数の発音を覚えるのか・・・・」と思うのか、「日本語の発音を流用したら、半分以上はクリアー!」と思うのでは、その先の学習を継続する力や意思にも大きく影響してきます。

自分が知っている音は活用する。活用すれば全部を一から覚えなくて済む。少しは胸のつかえが軽くなったのではないでしょうか?

悔しくないでしょうか?発音が多いからって、諦めちゃうのは。ちょっとだけ辛抱して訓練をしたら、13億人以上の人と交流が出来るんですよ!

自分の見識も世界も人脈も物事の考え方も広がります。そんな素晴らしいチャンスを「発音が多いから」ってだけで諦めるのは、この文章を書いている私も悔しくなっちゃいます。

正直、留学したての時に発音の数なんて知りませんでした。発音練習を初めて一覧表をみた時に「こんなにあるの・・・」と、自分がブルブル、ゾクゾク落ち込みました。そして半分位は日本語の発音と似ているだなんて、なんて誰も教えてくれませんでした。そんな心構えを知るだけでも、学習に対する考えが全く違ってくると思います。

発音一覧表をダウンロード

今回はまずは発音一覧表をご提供。発音表をまずはダウンロードして見てください。画像は分割版でPDFは一覧版となっています。

中国語のピンイン発音表_fayin001

中国語のピンイン発音表_fayin002

中国語のピンイン発音表_fayin003

中国語のピンイン発音表_fayin004

中国語のピンイン発音表_fayin005

中国語のピンイン発音表_fayin006

PDFの資料はこちらからクリックして下さい

fayin_20140512

スポンサードサーチ

今日の振り返り!中国語発声

发音 (fā yīn) 発音

中国語発音に関するお悩み解決記事はこちらから。

簡単!一発でお悩み解決、日本人をいつも悩ます四声の発音方法。四声【四声】
知らないと大損。中国語発音一声二声三声四声、声調一覧表。声調【声调】
教材に掲載なし。発音に関する中国生活あるある話。4と10【四和十】
中国語発音入門編ちょいコツ付き。母音/子音【母音/子音】
目で図解確認。有気音と無気音の空気の動き。有気音/無気音【有气音/无气音】
無料音源と図で理解。一声から四声の抑揚変化の違い。抑揚【抑扬】
発音無料音声で気軽に覚える母音基礎。母音【母音】
発音音声で気軽に覚える子音基礎。子音【子音】
無料公開。anとangの違いとコツ。比較音源で発音確認。
無料音源公開。日本人が苦手とする「e」に関する発音。
音源比較。日本人が苦手な「ri」を間違えやすい「li」と聴き比べ。