日本では考えられないですが、
春節休み早い所では1月の中旬から取る中国人も。

また本来の春節休みは2月6日までですが、
追加で1週間程休暇。次回出勤は13日からーー、
とヨーロッパバケーション系の取り方をする方も。
※今年2014年の春節は1月30日が大晦日、
2月6日が最終休暇でした。

これ、その国の習慣なので、仕方がないです。
日本人の休みが短いって思ってもいいような。

実際こんな中国人は、何年も長期休暇を取っておらず、
久しぶりの故郷への帰省。
十分に親孝行、親戚孝行するんです。
日本人には既に無くなった感情かも。
ちょっと胸が熱くなります。ジーン。

長期休みを取ったとしても、職場に帰ってくれば、
まだヨシとしましょう。

中には仕事に戻ってこないスタッフも。
理由はアレコレと意味不明な理由を言うんですが、
結局は地元に戻って就職を行う、
実は戻ってきているが違う就職口を見つけている、
などなど。

その為、春節明けの作業スケジュールが経たずに、
戦々恐々としている管理職の面々。

苦肉の策で、春節前のボーナスの一部は、
春節後に支給します!という、荒業の支給体系を取る会社も。

それくらい、春節明けの中国は、
人員確保と作業スケジュールが立てられない事が、
多い季節が到来するのです。

スポンサーリンク

今日の振り返り!中国語発声

没有人 (méi yǒu rén) 人が居ない