蘇州名物の蘇州麺を名店で食してみました。蘇州に来たら外してはならぬ「苏州面(sū zhōu miàn)蘇州麺」を食せ!過去に二泊三日で朝昼晩と全て蘇州麺を食べた事があるのですが、その時に雰囲気・味が気に入っていた「同德兴面馆」を再訪しました。

早朝訪問から麺をすする中国人を観測。店舗の雰囲気とは?この店舗の蘇州麺の特徴などご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ジャッキー映画の世界観の店構え

外観は年代を感じさせる、ジャッキー映画に出てきそうな店構え。店舗の屋根の瓦の上には鹿に乗った神様が蘇州の街を眺め、大きな黄色い旗が掲揚されていています。うーん、いい味です。
P3199957

P3199960

P3199959

P3199958

中国大陸で使われている漢字は簡体字で本来は「面」なのですが、この旗の文字は「麺」繁体字の文字になっています。

歴史がある店舗などでは雰囲気作りのために、簡体字が使われる以前に用いられていた繁体字を使って、昔の雰囲気を今に残しているのです。

朝から大人気。地元民で溢れかえる店内

一歩店内に足を踏み入れると、朝の8時なのですが、既にジモト民で行列。朝からラーメン食の蘇州人、恐るべし。白髪のお祖父様とお祖母様もガッツリ麺を食べていました。
P3199955

P3199956

スポンサードサーチ

二色のスープから頼めるTHE蘇州麺

中私達が頼んだのは、旬の野生キノコとエビ入り白ラーメン。目玉焼き乗せ。25元なり。

初めは具材がそれぞれ別の皿に乗せられているので、純粋に麺とスープを味わって、その後に具材をドカッ!と投入してもOKですし、はじめから全部のせで楽しむのも人それぞれ。
P3199952

P3199954

この店舗は蘇州麺の代表的な塩仕立ての「白汤面(bái tāng miàn)白スープ麺」と、醤油仕立ての「红汤面(hóng tāng miàn)紅スープ麺」から選択可能。

麺の細さは九州福岡の豚骨ラーメン程度の細さで、量は日本のラーメンに比べ2倍近く朝からガッツリ!

その上、この蘇州麺。具がないラーメンだと5元6元から楽しめる!昔の上海を思い出させる涙が出そうになる値段構成。値段だけでなく、もちろん味は日本人でも楽しめますので、お気に入りのスープと具材をチョイスしてみましょう。

蘇州麺館店舗データ
店名:同德兴面馆
住所:嘉馀坊6号(人民路から路地に入る)
最寄り:地下鉄1号線乐桥站(lè qiáo zhàn)

今日の無料!振り返り中国語音源

苏州面 (sū zhōu miàn) 蘇州麺

白汤面 (bái tāng miàn) 白スープ麺

红汤面 (hóng tāng miàn)  紅スープ麺