蘇州まで足を伸ばして日帰り旅行!「高鉄(gāo tiě)」と呼ばれる高速鉄道が出来たお陰で、今まで上海から蘇州まで1時間ていどの移動時間が最短20分で到着します。

その上、事前予約と支払いがネットで出来るので以前よりもスムーズ。チケットの受渡しは外国人のため窓口ですが、非常に楽になりました。

プライベートでは数年ぶりの蘇州訪問だったのですが、驚いたのは2016年現在、地下鉄1号2号が運行開始され、観光地にアクセスがしやすくなっている点。計画では9号辺りまで建設されるようです。

地下鉄1号2号と「好行バス」と呼ばれる観光地に停車するバスを活用すると、蘇州駅から観光地の周辺にストレス無く移動が出来る点。

今回蘇州ではタクシーを一度も利用せずに観光することができました。以前の感覚では移動が少々不便と思っていたのですが、観光も重要な収入資源の蘇州。観光客への対応がステキです。

スポンサーリンク

蘇州観光に便利な地下鉄と観光用バス「苏州好行巴士」

今回は蘇州で利用した「交通工具(jiāo tōng gōng jù)交通手段」をご紹介!

蘇州地下鉄

1号線は蘇州の街を東西に、2号線は蘇州の街を南北に走っています。初乗りは2元と上海に比べてお手頃でした。

※1号2号の乗り継ぎ箇所は、「广济南路(guǎng jì nán lù)」という場所。乗り継ぎ移動も上海の地下鉄と比べると移動距離も短くスムーズでした。

観光地用バス

要所要所に停車する「苏州好行巴士(sū zhōu hǎo xíng bā shì)」初乗りは地下鉄より高い3元ですが、車内では両替担当スタッフと運転手の2名体勢。

歴史ある建物が多い蘇州の地下を掘れば遺跡がワンサカ。そんな地下鉄が走れない場所は、このバスが網の目のように観光地を走っています。一日券は15元など、使い回せるチケットも車内販売しています。

各種路線は、以下の通りです。蘇州駅を中心に博物館、拙政園、虎丘、怡園、獅子林、寒山寺など、主要な観光スポットは抑えてあるので、テクテク歩き疲れた時は、利用してみてはどうでしょうか??

1号线
拙政园换乘中心-狮子林-苏州博物馆(拙政园)-汽车北站-火车站北广场-火车站(旅游集散中心)-虎丘换乘中心-虎丘婚纱城

2号线
拙政园换乘中心-狮子林-玄妙观(观前街)-怡园-沧浪亭(文庙)-南门商业区-第一丝厂换乘中心(全国工业旅游示范点)-盘门景区-新市桥游船码头-胥门(规划展示馆)-枫桥景区-寒山寺-虎丘婚纱城-虎丘换乘中心

3号线
拙政园换乘中心-狮子林-玄妙观(观前街)-城隍庙-环秀山庄(刺绣研究所)-石路商业区-山塘街景区-虎丘换乘中心

4号线
火车站(旅游集散中心)-火车站北广场-拙政园换乘中心-狮子林-平江路景区-海关大楼(中央公园)-都市花园(星海国际广场)-金鸡湖景区北游客中心(月光码头)-圆融时代广场-摩天轮公园(游艇码头)-金鸡湖景区东游客中心-金鸡湖景区南游客中心(李公堤)

5号线
汽车南站-网师园-双塔-观前街东-拙政园换乘中心

6号线
火车站(旅游集散中心)-山塘街景区-石路商业区-枫桥景区-寒山寺-西园景区-留园景区-山塘街景区-虎丘换乘中心-虎丘婚纱城

7号线
拙政园换乘中心-狮子林-苏州博物馆(拙政园)-汽车北站-火车站(旅游集散中心)-山塘街景区-留园景区-西园景区-寒山寺-枫桥景区-苏州乐园

水郷の街だけあって、こんなひと漕ぎの船などもユックリと運行しています。
蘇州で見かけた寄り合い船

今日の無料!振り返り中国語音源

交通工具 (jiāo tōng gōng jù)  交通手段

地铁 (dì tiě) 地下鉄

巴士 (bā shì) バス