「大闸蟹 (dà zhá xiè) 上海カニ」の音声は以下から。

上海の秋から冬に掛けて、上海人がこよなく愛する食べ物と言えばカニ。
それも特に日本でも有名なのが上海蟹ですね。

蒸してもよし、炒めてもよし、小籠包に混ぜたり、豆腐と混ぜた蟹粉豆腐(蟹肉とカニ味噌の豆腐合え)でも良し。
10月を過ぎた秋口から色々な料理がジャンジャン、楽しめるシーズン到来です。
105_DSC00824

105_DSCN0915
上海の街ではこの時期になると、道路に上海蟹専用の仮設即売所がオープン。
それぞれ大きさやオスメスが違う上海蟹を販売しています。

中国語では上海蟹の事を大闸蟹(dà zhá xiè)と呼びます。
その為、中国人に上海蟹、上海蟹と言っても、「?」となるので注意です。
理由は上海蟹が上海の特産物ではないから。

上海蟹が捕れる有名な湖は、阳澄湖(yáng chéng hú)と呼ばれる、
江蘇省昆山にある湖。そうなんです、上海ではなく、近郊の江蘇省。
上海、江蘇省含めた華東エリアの人が好きな食べ物なので、
実は上海蟹なんてネーミングではないのです。

写真のような容器に入って大きさ別に小分けされ販売。
容器の中は蟹がガサガサ元気に動いていたり、
動かないように糸で羽交い絞めにされて、泡をブクブク立てて怒ったりと、
見るだけでもウキウキできます。
105_DSCN7102

写真に載っていますが、中国語ではオスとメスを「男」と「女」とは呼ばずに、
オスを「公(gōng)」、メスを「母(mǔ)」と呼びます。
他の動物でも同様。中国語が分からないと「男」と「女」と言いたい所ですが、
チャント覚えて使い分けしましょうね。
105_DSCN7106

105_DSCN4310

食べごろのシーズンもオスメスで時期が違い、10月中頃からメス、11月にかけてオスが、
おすすめシーズンとなっています。
出産を控えたメスが先に旬を迎え、味が濃いとされるからです。

季節物の上海蟹、味わって楽しんで下さい!

上海蟹に関する料理や名物の場所。

蟹の粉?冬の季節が最高に美味い蟹料理メニュー。カニの肉とカニのみそ【蟹粉】

えっ違うの?上海蟹の名産地は実は江蘇省昆山。陽澄湖【阳澄湖】

スポンサーリンク