「层/楼 (céng/lóu) 階/層」の音声は以下をクリック。

中国の少し古めのビルでよく思うのは、
建物の大きさに対してエレベータが少ないこと。

上海の静安寺エリアの少し古めのビルで、
エレベータを待っていた時の事。

ここの建屋も同様に数が少なめ。
なので、待っても待っても聞こえない「チ~ン」の到着音。
417_P3173633

到着を待つ間に、エレベータ側に目をやると、
エレベータにこんな表記がありました。

「全层(quán céng)」と「单层(dān céng)」と
「双层(shuāng céng)」の表記。
417_P3173630

417_P3173631

417_P3173632
この表記は各エレベータに掛かっていたのですが、
全フロアー各階、奇数階、偶数階の意味。

つまりそれぞれのエレベータは停まる階が決まっているんですね。
乗客をそれぞれ分散させて、混み合いを防止させているのです。

それでも開いたエレベータに飛び乗って、
奇数階停止なのに必死に偶数階のボタンを連打する人が絶えません。
チャント確認しましょうね。

表記に書かれていた「层(céng)」というのは、
階や階層を表す中国語。層の簡体字に当たります。

なのでケーキのミルフィーユは層が幾重にも重なった状態を中国語で表現。
千层派(qiān céng pài)

また「楼(lóu)」という中国語も階層を表現します。
一般的に会話では「楼」を使うことが多いように感じます。

「几楼?(jī lóu)何階ですか?」これで、階を確認する質問になります。
会社名を指さして、コレさえ言えれば、目的の階へ到着できます。

スポンサーリンク