「栗子 (lì zi) 栗」の音声は以下から。
※「zi」は本来は軽声ですが、音源の関係上、四声の音源を使っています。

上海シンシンと秋が深まってきましたぞ!
中国では季節の変わり目になると、
日本に比べてまだまだ旬を身近に感じられます。

旬や季節を感じられる一つが、
路上にポツポツと天津甘栗屋が勝手に出店し始める時。

大鍋で熱した石をジャリジャリジャリと混ぜる時のあの音。
砂糖が熱したいしの熱で溶けて、
栗の香りと混ざり辺り一面にホワーンと漂う香りが街中に広がると
上海の短い秋が来たなぁーと実感し始めます。

美味しそうな焼き具合と思いませんか?
064_PICT0002

064_PICT0003 (2)

064_SANY0033
知り合いの中国人に
「日本人も栗を食べるよ。日本の田舎で山に栗を採りに行ったことあるけど。
トゲが痛くて取るのが大変」と話すと、何故かハテナ顔。

なんでハテナな顔なのか聞いてみると、
栗はよく食べるけど、栗がどんな状態で木になっているのか知らないらしいのです。

まだまだ冗談を、と思い知り合い中国人に質問したところ、
半分くらはい知らなかったです。意外な発見でした。

露天の甘栗屋は衛生状態がよく分からないので、
ちゃんと果物屋などに併設していたり、
店舗経営をしている甘栗屋から買いましょう。

甘栗も大きさ別にお値段が異なりますが、
500グラムで20元から30元程度の範囲で購入が可能です。
(13年10月時点の価格情報)

紙袋から漂う栗の芳醇な香りと味を楽しんで下さいね。

スポンサーリンク