「刺青 (cì qīng) 入れ墨/タトゥー」の音声は以下をクリック。

私のお気に入りの東北料理店。

上海では珍しく、羊の丸焼き、
太もも丸焼きなど北京旅行で味わったような、
メニューが豊富に揃った店舗。

週一で通うここ最近、一番熱い店舗。
中国人にも大人気なのですが、一つ気になる点が。
それはこんなお客様が結構いらしゃる。
243_DSCN9976

243_RSCN9977

243_RSCN9978
背中に虎が輝いています。
中国語ではトラは老虎(lǎo hǔ)。

チャント仁義の有る方たち。
何か危害を与えてくる訳ではないのですが、
坊主にタトゥー、首には黄金の数珠のようなネックレス。

そんな彼らを背に向けていると、
何となくですがシシカバブーを口に入れるスピードが、
パクパクパクと早くなってしまいます。

知り合いの東北料理のオーナーには、
観音様があったりと、昔からオシャレで入れている場合も。

日本語と同じ刺青(cì qīng)と書いて刺青、タトゥー。
ココ最近は「タトゥー入れます」を売りにする専門店舗も多く、
上海人にとってもファッション感覚に近い様子。

タトゥー専門店には、「こんな絵柄が彫れますよ。」と、
どう考えてもその店と関係ない絵柄が、看板に掲げてあったり。

近所で利用する洋服屋の店長も、全身タトゥー。
服の販売の傍ら、タトゥー入れもしているようです。
ちなみに趣味はロックバンド。何だか日本と変わりません。

店長のような見た目ですと、
正直チョットだけ、初見は「ビクッ!」となるのですが、
実はこんな方たちの方が、礼儀が正しかったり、
受け答えがテキパキしていたりするんですよね。
日本LOVEなので、足繁く通っています。

ここ最近の上海の傾向でいうと、
90年後など若い世代に、タトゥーを入れる人達がゾロゾロ。

親指の付け根、足首、首の後の付け根あたりが、
お洒落ポイントのようでよく見かけます。

柄も花、植物のツル、幾何学模様など、種類も豊富。

こんなところを見てしまうと、
社会主義である事を忘れ日本と何も変わらない、
オシャレを楽しむ普通の文化圏と錯覚してしまいます。

スポンサーリンク