「烤全羊 (kǎo quán yáng) 羊の丸焼き」の音声は以下をクリック。

頭の中でドナドナが響き渡りながら、
お昼寝タイムとなりました。
少しだけウナサレたような、ウナサレてないような。。。

気分を入れ替えて夕食タイムと行きましょう。
一階に降りると香ばしいいい匂いが。
旅館の真横で何やら作業中。

この丸いドーム状になっている器具は、
下に薪をくべて火をかけています。
日本ではあまり見かけなくなった、カマド。
聞くと店主のお手製。
P6210059

近くの民宿&レストランをしている店には、
必ずといっていい程、このカマドが作られています。
で、何を焼くの?

と、見せてくれたのは、、、前回の記事にもあった、
羊達をこんがり焼くようです。
人間残酷ですが、生きていくには最低限の殺生は必要。
P6210058

カマドに吊るしあげて、中までジックリ火が通るまで、
スパイスをかけて、油を塗って焼いていきます。

このお肉はまるごと一匹を焼いています。
中国ではこれを、烤全羊(kǎo quán yáng)とよび、
日本語でいう、羊の丸焼き。

カマドの暑さで汗びっしょりながら、
ニコニコとこんがり色に仕上げていく店主が、
ほーら、ウマそうだろうとご満悦。
P6210056

「ところで、丸焼き幾らなの?」と尋ねると、
「700元(10500円)※15元換算」の回答。
ちょっと、安すぎです。

店主が「お前ら、四人だから量が多すぎて食べられないぞ!」と、
言わなくても解るのですが、アドバイスを頂きました。

けど、ちょっと食べてみたい。。。。

そこで我々が注文したのは羊腿(yáng tuǐ)。
羊のもも肉の丸焼き。もも肉でもこの大きさ。
P6210080

中国人の友人が口にナイフを咥え、
パフォーマンスをしながら切り分けてくれます。
ナイフで一口大にカット。切り分け終わるとこんな感じ。
P6210081

P6210084

P6210087

中国で日本人が意外とハマる、羊肉。

中国を訪問したらチョット一口食してみてはどうでしょうか。
新鮮な羊肉は、ジューシーで柔らかく、
嘘のように臭みがないですよ。

スポンサーリンク