神様、中国でコカコーラのロゴに採用です。

ハイボール用の炭酸水を買いに近所のスーパーへ。
ここ半年、ビールからハイボールにチェンジして糖質制限中なのですが、
炭酸水を手に取った時に気になる製品が並んでいました。


右手は普通のコカ・コーラ
女性の口元にあてた唇がセクシーなのですが、
左手は何やらメガネ爺様のロゴが付いたコーラが陳列。
上段にも同じくメガネ爺様のロゴが入ったコーラが陳列されていました。

このコーラ、中国で新製品の「樱桃味(yīng táo wèi)チェリーコーク」
「チェリーコーク」でピーンときた方、株式投資に興味がある方かも知れません。

このメガネ爺様、世界的な投資家の「ウォーレン・バフェット」
「オマハの賢人」とも言われ、世界長者番付では例年一位がビル・ゲイツ、
二位がウォーレン・バフェットに名を連ねる位のお金持ち。

基本的に「消費者独占型の企業」に長期的な投資をして、
「コモディティ型の企業」には、投資をしないスタイルの投資家。

彼が投資している企業は、アメリカン・エキスプレスやウォルマート、
コカ・コーラ、クラフトハインツ(ケチャップやマスタードでお馴染み)等。

中国では「股神(gǔ shén)株の神様」と呼ばれ、
日本同様、投資に関心のある中国人にとって影響力がある人物なのです。

そんなウォーレン・バフェット、
毎日「チェリーコーク」を6本程度も飲んでしまう程の愛飲家。

そんな逸話があるため、中国販売の「チェリーコーク」には、
こんな文字が書かれています。

沃伦•巴菲特挚爱之选
wò lún・bā fēi tè zhì ài zhī xuǎn
ウォーレン・バフェット一途な愛情の選択

賢人に興味がある中国人投資家には、「何となくご利益がありそう」で、
手を伸ばしそうな殺し文句。

今回「チェリーコーク」のロゴになったのは、
中国での「バフェット」の影響力と口コミ拡散を考慮してとの話しも。
実際のバフェット氏とコーク缶のロゴ、そこそこ似ていると思いませんか?

この「チェリーコーク」中国では3月10日からの販売開始で、
「ウォーレン・バフェット」モデルの缶は限定数量との事。

スーパー価格ですが250ミリ缶モデル3.0元(48円ていど)、
500ミリペットモデル3.5元(56円ていど)となっています。
投資のご利益を得たい方は、早めのご購入を。

今日の振り返り!中国語発声

沃伦•巴菲特 (wò lún・bā fēi tè)  ウォーレン・バフェット

股神 (gǔ shén) 株の神様

スポンサーリンク