「受不了 (shòu bu liǎo) 耐えられない」の音声は以下かあ。
※「bu」は本来は軽声ですが、音源の関係上、四声の音源を使っています。

深センマンゴースイーツも食べて、後は上海に戻るだけ!
17時20分搭乗時間になると、窓口が何やらザワツキ始めました。

上海豪雨の為、飛行機出発できず。
飛びたてないので空港は大渋滞。着陸もできない状態とのこと。
飛べない豚はただのブタ。
飛べない飛行機は、ただの鉄くずです。。。

どうしようもありません。
登場許可が下りるまで待つしかないのです。

そして2時間後。搭乗アナウンスが流れました。
「コレで帰れる!」そう思った私が浅はかでした。

搭乗し疲れていた私は、直ぐ様ウトウト。
目を覚ますと30分が経過。しかし飛行機は飛び立っておらず。

結局、機内で2時間箱詰めにされ離陸。
離陸したので今度こそ、「バンザーイ!」と思った私が浅はかでした。

二時間半後、アナウンスが流れ始めました。
「本機は上海豪雨のため、一旦杭州に着陸します。」

杭州に降り立った飛行機からは、
「空模様が不明のため、いつ上海へ飛び立つか分かりません。
各人ここで降りて宿泊する、もしくは上海へ移動しても構いません。」
残酷なアナウンスです。

可愛そうなのはCAことキャビンアテンダント。
中国語で言うと、空姐(kōng jiě)空飛ぶ、おねー様。

荒れ狂い始める乗客にそれぞれアナウンス。
「いつ飛ぶんだ!」の声にも、「上海の天候が・・・」
と、言うしかありません。
221_DSCN9979

221_DSCN9980

最悪の場合は飛行機で宿泊。という話しになり、
諦めた乗客は座席をベッド代わりにスヤスヤ。
TVからは映画が放映開始。長丁場の予感です。
221_DSCN9976

221_DSCN9982

結局は二時間経過したところで、
上海の天候回復と天の声にも聞こえるアナウンスが流れ、
杭州から上海に無事に到着。

到着した時には日付が変わった深夜2時半。
通常は二時間半のフライトが結局9時間近く軟禁状態。
自宅に辿り着いたのは3時半を過ぎていたのでした。

今回のような
我慢できない!耐えられない場合には、こんなフレーズ。
受不了(shòu bu liǎo)

暑さに耐えられない、箱詰めにされて耐えられない。
心が傷ついた、ストレスMAX状態など。
耐え切れないシチュエーションで利用できます。

耐えられる場合は、こんな言い方になります。
受得了(shòu de liǎo)

一つポイント。
ココで使う了は(le)ではなく、
(liǎo)になること。

どの時が「le」で「liǎo」なのか?
とりあえずは完了形では、「le」。
了の前に、「不」や「得」があれば、「liǎo」
位な感じで覚えておいて下さい。

なので、
受不了(shòu bu liǎo)だと、耐えられないよ!
受不了了(shòu bu liǎo le)だと、耐えられなかったよ!
と、言う感じです。

私は9時間も座りっぱなしで、
我的屁股受不了了!お尻が耐えられなかったです。。。

スポンサーリンク