「北京烤鸭 (běi jīng kǎo yā) 北京ダック」の音声は以下をクリック。

北京プライベート旅行最後の夜。
本来は何処かしらパンチの効いた北京独特の料理、
例えば前回紹介した羊肉串を腹いっぱいパクつく、
北京羊鍋を白酒を飲みつつ、舌鼓。。。

と、いきたかったのですが、
翌日より仕事で全国行脚をするパートナーが、
日本から到着。

初北京なので北京ダックを食したい。
希望を叶えてあげないと男ではありません!
折角なので北京ダックで有名な、全聚德を選択。

全聚德は創業1864年の超有名レストラン。
北京だけでも十数店舗以上が経営しており、
内陸では新疆ウルムチなど全国展開をしている名店です。

店によって味もまちまちのようですが、
今回選んだ店舗はホテル近くの全聚德烤鸭店(朝阳北路店)。
全聚德の評判の中でも上々です。

さすが名店、立派な門構え。
横にはアヒルのキャラクターが。
食べられる側ですがコック帽子をかぶっています。
220_P6230234

220_P6230235
店内は大人気の満席。
予約なしで訪れたので、二十分ほど待つことに。
220_P6230237

二人ということもあり注文は少なめ。
まずは、アヒルの肉と塩漬けした卵を巻いた蛋黄鸭卷(dàn huáng yā juàn)。
黄身の淡いしょっぱさと鴨肉がGOOD!!
220_P6230240

鴨の血を固めて細く千切りにして、
スープにした灵芝金银鸭血羹(líng zhī jīn yín yā xiě gēng)。
220_P6230243

中国では豚や鳥の血を固めて豆腐状にした食品が売られており、
炒めものやスープで味わいます。

ウェイターから進められた北京名物、
老北京麻豆腐(lǎo běi jīng má dòu fu)。
肝心のお味は酸っぱく、胡麻油の香りが引き立っていたりと、
何とも不思議な味。二度と食すことはないでしょう。
220_P6230247

お野菜も1つチョイス。
中華料理で鉄板の野菜料理。
殆どの日本人が美味い!と唸る、手撕包菜(shǒu sī bāo cài)。
シンプルなキャベツの炒めもの。
シャキシャキ加減と醤油ベースの味付けが癖になります。
220_P6230248

そして今日のメイン。精品烤鸭(jīng pǐn kǎo yā)!
二人なので半身で注文。

もし一匹まるごと注文すすと、骨の部分をスープにしたり、
素揚げにして再度食べることができます。

目の前でコックが手際よく切り分けてくれます。
まずは脂が乗った最高の皮をオススメ。
この皮はそのまま食します。
220_DSCN0100

220_DSCN0102

220_P6230251
この後から、春巻きの皮のような品に巻いて、
キュウリや細葱、味噌だれなどを一緒にグルグル~っと巻いて食しましょう。
たまに食べるとウンッと唸りたくなる味。
220_P6230252

220_P6230253

北京ではやっぱり一度は経験として食した方がいいでしょうね。

全聚德烤鸭店(朝阳北路店)
住所:北京朝阳区青年路雅成一里19号楼世丰国际大厦2楼(近朝阳大悦城)
電話:4006-107-017
地図はココから。

スポンサーリンク