「开灯 (kāi dēng) 明かりをつける」の音声は以下をクリック。

夕刻の帰宅の道すがら。ちょっと疲れて心地でゆっくりと、
道を歩いていると、急に後ろから「ビビビッーー!」
振り向くと、電動自転車の影。

同じく前から音もなく忍び寄る、電動自転車。

どちらにも共通している点。それはライト点灯していない。
これ10年住んだとは言え慣れないですね。

赤信号で待つ皆さんを見ても一目瞭然。
まったく点灯していない。
DSCN9841

DSCN9847

DSCN9849

この点けない理由、聞いてみました。
ライトを付けると電動自転車の場合、バッテリーの減りが早くなる。
それだけ走れる距離が短くなるでしょ。なるほどーーーーって、オイ!

ライト点けたら、ライトが悪くなるでしょ。ふむふむって、オイ!

ライト付けても意味ないでしょ?私、点けなくても見えてるし。
見えてるなら、いいかって、オイ!

たまに点けている人も見かけるのですが、
これ暗くなったら自動で付くような、
暗視センサーを付けて強制的に発光するとか、
してもらえないでしょうか。

歩行者も危ない。
電動自転車はモーターなので、音も静か。

明かりが後ろから当たれば、
それだけ危険が減るんですが。。。

街を歩くといつも、ハッとされる、
中国特有の電動自転車事情でした。

スポンサーリンク