「成语 (chéng yǔ) ことわざ」の音声は以下から。

たまにこんな中国人を日本や中国で見かける事ってありませんか?
やたらと日本の「ことわざ」を覚えていて、日本人に連発してくる中国人。

この中国人、日本の「ことわざ」を何でそんなに覚えているんだろう?
連発する人に会う度に、フッと沸き起こる疑問点がありました。

当たり前ですが聞いたコチラは感心します。
が、普段日本人同士の会話の中でそんなに、
「ことわざ」を多様しませんから何となく違和感が。

彼らは、
日本のことを沢山知りたくて、「ことわざ」を覚えた。
自分が知っている日本の「ことわざ」に関する知識を使いたい。
「ことわざ」を使えば日本人が喜んでくれる。
「ことわざ」を使えば日本人が深く意味を理解してくれる。
などなど、何かしら彼らが「ことわざ」を使う理由があるのでは、
と思って考えてみました。

中国人、特に北京などの北の人は、
「成語」や「俗語」と呼ばれる昔から伝わる、
日本でいう「ことわざ」が沢山あります。

ある事柄や出来事の描写を的確に表現する際には、
グダグダと状況説明を行うより、端的にシンプルに表現できる、
「成語」や「俗語」を言った方が、相手の心にズバッ!と響くそうです。

そう、ここにヒントが隠れているのです。

中国人思考から考えると、的確に端的に伝える言葉、
「成語」や「俗語」が日本にもある。
中国から伝来した言葉もあり、場合によっては同じ意味も豊富。

日本語がそんなに流暢ではないが、
状況をチャント日本人へ伝えたい、説明したい。

それならどうしよう・・・・
成語の意味は中国と同じ。だったら、日本語「ことわざ」の意味を覚えたら、
日本人にも必ず伝わるかも!

と、そんな純粋な思いで覚えているんだろうと、
最近妙に納得してしまいました。

彼らは自分の知識の豊富さをひけらかす事に、
重きをおいているのではなく、どうやって気持ちを伝えるか、
を考えてくれているんだろうな、と思っています。

ただ、中国人同士だったら話は別。
自分が知っている成語や俗語を多様して、
相手が自分の意図を理解をしているか、
どの位の知識人なのかを判断することもあります。

こうやって相手を品定めをするケースも。
うーん、怖い怖い。

外国人で良かったのは少しでも成語を知っていて、
使うとそれだけでも「おぉー!」と、妙に喜んでもらえる点。
こんな時は外国人で良かったな、と思う瞬間です。

成語を知る。
中国人との距離がイッキに縮まる一つのツールのようです。

スポンサーリンク