アナタは昨晩どんな一夜を過ごされたでしょうか。

年末を迎えての一大イベントと言えばクリスマス。
中国でも年々クリスマス色が強くなっていて、
街中イルミネーションやツリーが飾られ華やかに。

例年の中国ではサンタクロースの張り紙が春節まで張り続けられ、
長期間サンタクロースが引っ張り出され利用されるのですが、
あるお菓子販売の店舗では年越し利用を見越してクリスマスと新年のキャラ仕様に。
これだとそのまま年明けまで使うことができそうです。

日ごろお世話になっているテイクアウトアプリの「饿了么(è le me)」も、
アイコンがツリーにトナカイに靴下とクリスマス仕様の画面に。

実際に注文をしてみるとサンタクロースが配達するアイコン表示と、
中々凝った仕掛けになっていました。


届けに来た配達スタッフは残念ながらサンタ帽など被らず、
普通の中国人が無愛想に届けてきましたが、
こうやってイベントを楽しむ事も大切ですし、
中国都心部ではイベントを楽しむ余裕が生まれて、
ビジネスにクリスマスを活かそうとしているのが分かります。

レストランでは集客集めにクリスマス特別ディナーや、
クリスマスケーキを販売してみたり、日本と同じように便乗商売が増えています。

日本ではクリスマスから大晦日、元旦、正月と年末年始モード一色ですが、
中国ではクリスマスが終わると、余り重要視されていない大晦日と元旦を迎え、
メインイベントの旧正月を迎えます。

中国的には旧正月まであと一ヶ月半。
まだまだ年末年始モードは先のことになるのです。

スポンサーリンク

今日の振り返り!中国語発声

圣诞老人 (Shèng dàn lǎo rén) サンタクロース

驯鹿 (xùn lù) トナカイ