「北京烤鸭 (běi jīng kǎo yā) 北京ダック」の音声は以下をクリック。

万里の長城見学後は、みんなで本場の北京ダックを楽しむことに。
実は北京でまだ北京ダックを経験した事が無かったので、お願いをしたのでした。

北京に住む友人に紹介してもらった、
「大鸭梨烤鸭店(dà yā lí kǎo yā diàn)」
北京人の中でも有名で、かなりの繁盛店。

良い店を選択してもらったようです!感謝!!
122_DSCN7509
スタッフの態度も非常に心地よい。
すれ違うたびに、「你好!こんにちは。」と挨拶。
スタッフ育成が行き届いていますね。

北京ダックを食べると言っても、他の中華料理を食べてつつ、
メインディッシュにダックを食べる感じです。
122_DSCN7526
ただし日本だとチョット味わう程度という感じですが、
中国の場合は丸ごと一匹を皮と肉もガッツリ食べる!という感じ。

日本では高級なイメージの北京ダックですが、
中国では高級ではなく庶民も楽しめる料理の位置付け。

ダックの食べ方は「饼(bǐng)」と呼ばれる小麦粉の薄皮に、
ダックと甜麺醤、キュウリや白髪ネギを巻いてパックリ。

ダックの皮がサックリ、肉がジューシー、饼がしっとりとして、何枚でも食べれます。
122_DSCN7528

食べている間も、燕京ビールをコップに注いで、
いらしゃい北京へ!カンパ~イ!
久しぶりに会えて!カンパ~イ!
とりあえず!カンパ~イ!

数えきれないほどの「乾杯!乾杯!乾杯!乾杯!」は続き、
最終的には北京で有名な白酒、牛のマークの42度の牛烂山で乾杯。

美味しいはずの北京ダックも最後は、
どんな味だったか分からなくなる、それが北京の夜なのです。

上海で北京ダックを食する事もありましたが、
焼き方、ジューシーさなどは、この店舗の方が数段上でした。

スポンサーリンク