中国人とお酒の関係。昨日に引き続きご紹介!

「中国人は宴会でナゼ乾杯をしてくるの?」厄介な行動ですし訳が分からないですよね。宴会の席になると飲んで乾杯をする中国人、それはナゼでしょうか。

一つの答えとして相手の本心や性格を見るため中国人のメンツが関係していると思っています。

ここでは宴席で乾杯をしてくる中国人の心理についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

酒を酌み交わして相手の本性を見抜きビジネスに活かしたい中国人

お酒を酌み交わし乾杯をする理由。相手の本心や性格を見るため。酔っ払った時こそ相手の本心が現れる。仕事の席では堅苦しい事をいって本音を話さない、お酒が入れば入るほど、人間そのものの本心を垣間見ることが出来る。

それならどんどん飲ませて本性を暴いて今後付き合いができる人物なのか、乾杯を通じて中国人はアナタの本性を見ようとしているのです。

得意先や仕入先との宴席では酔った瞬間にビジネスの話しを挟み込んで、判断力が鈍った所で、良い条件を引き出そうと試みたりすることも。

本心で話、酒を酌み交わし、腹を探り、相手との付き合いを考える。仲良く関係が良くなっても乾杯をして酒を飲み、相手と本心で話、仲を深めるのです。

宴会の席とは言えタブーあり。気をけたい行動

こんな酔った勢い勘違い日本人がいました。宴会の席上で、性を連想させる品を取り出していた日本人。日本でもNGですが、中国でも当然NGな行為。

もちろんそんな姿は中国人から携帯で撮影されて、直ぐ様Wechatのモーメンツで拡散されていました。基本的にこんな日本人は中国人スタッフに軽蔑されています。身から出た錆なので仕方がないですが。

日頃の鬱憤を宴席で晴らそうとする中国人

まれにいる恐ろしい中国人の場合、あいつを飲ませて酔っ払わせてしまえ!と、乾杯攻撃をしてくる恐怖な人もいます。

そんな中国人を撃退するなら、とことんその中国人をコチラから乾杯攻めして、次回からの宴会で乾杯をしてこないように追い込みましょう。それが無理なら始めから乾杯はお茶かジュースで行なう方が良いですね。

乾杯を酌み交わし飲み干す酒の量で保たせる自分のメンツ

次に中国人のメンツ。円卓で乾杯をする。まずは全員。そして横の席と。または別の円卓から仕事の関係者が乾杯を行い、盃を酌み交わす。乾杯を行なうと当然、飲まなければいけません。

映画でもありますよね、崖や壁に向かって車を走らせて、どちらが先にブレーキをかけるかを競うチキンレースが。あれと同じで誰が先に乾杯を辞退するか。競い合っているように感じます。俺の方が飲める!いや俺の方だ!的な感じです。

また私がAさんと乾杯をした、次のBさんと乾杯をしない。Bさん的には何でAさんと乾杯したのに、私(B)とはしてくれないんだ!Bさん的にはメンツがありません。アナタと飲みたいんです。

それを考えると、日本人がやってしまいがちな「最初の一杯だけ乾杯」は、私的には間違いだと思っています。やるならとことん最後まで!もしくは最初から一切やらないの、何れかだと思います。

のらりくらりと手を変え品を変え乾杯を少なく終わらせる

私の話ですが1つの円卓に10名の中国人、3つの円卓があった宴会。私は招待側だったのですが、一人一人と普通大きさのコップで、ビールの乾杯を行いました。

もちろん連続で行なうと人間ポンプのマーライオン状態になるので、途中でトイレ休憩に駈け込んだり、話しを交わしながら休憩を挟んだり、話が盛り上がった所で数人まとめて乾杯にして各人乾杯攻撃を交わしたり、手を変え、品を変えながら全員と乾杯をしたこともあります。

最初に宴会の食事をお腹に入れて空きっ腹状態を無くして、胃の準備を整えておくのがいいですね。酔いの回りが遅くなります。

アナタはビール派それとも白酒派?

またある程度お酒が飲めるなら、アルコールが高くとも白酒の方が量も少なく、マーライオンになる率がグッと減るのと、翌日の二日酔いの不快感も少ないので、白酒乾杯の方が個人的には良いと思っています。※もちろん白酒の適量過ぎると、頭が痛くなります。お酒は適量を!

あとお互い乾杯だけをして飲み干したくないよね。的な時も実際にあります。相手も乾杯の動作だけをして、飲み干す必要はないよ、という場合です。

こんな時は「随意 (suí yì) ご自由に。お好きに」と言って、お互いの了承が取れたら飲み干さずに、口をつけるだけでもOKです。

最終日!明日に続きます。

スポンサードサーチ

今日の振り返り!中国語音源

随意 (suí yì) 自由に。お好きに

白酒 (bái jiǔ) 白酒