中国に住み始めて驚いたのは、水道水は飲めずに、ペットボトルの水を買う必要があるという事。

日本では水道水が飲めるのにミネラルウォーターを買うのが当たり前のご時世ですが、中国でどんな水が売られているのかネスレや統一、康師傅、農夫山水などのメーカーや製品名と価格を併せてご紹介します。

スポンサーリンク

中国で購入できる水の種類は二種類、価格帯も様々

中国で入手ができる水の種類は大きく分けて二種類。「矿泉水(kuàng quán shuǐ)ミネラルウォーター」と「纯净水(chún jìng shuǐ)蒸留水」

またお国柄なのでしょうか、コンビニへ足を運ぶと、店内には様々な水が販売、その種類の豊富さも驚かされます。その上、水の価格帯はバラバラです。

日本ではある程度、販売される価格帯が決まっていますが、中国だと1元程度から5元程度までの価格帯。天然水と書かれているものはミネラルウォーター。蒸留水系は安価でミネラルウォーター系は高め、という感じです。

中国に住み始めて、日頃の飲用だけではなく、歯磨きなどのウガイでもペットボトルの水を使い始めました。これは留学時代の友人の薦めから。

留学当時、水道水に赤錆などが当たり前の時代だったので、そのまま口にすると良くないため。水って生活に欠かすことが出来ませんし重要ですよね。

ネスレに台湾メーカー統一と康師傅(カンシーフ)

478_P6216598
左から順にご紹介。
雀巢深泉饮用水 2.8元
统一饮用天然饮用水 4.6元
康师傅天然矿泉水 2.8元
康师傅优悦饮用水 1.5元

「雀巢(Què cháo)」は、スイスのメーカ、ネスレ。雀の巣。
「统一(tǒng yī)統一」と「康师傅(kāng shī fu)康師傅」というのは、台湾メーカ。中国大陸でも商売をしています。

スポンサードサーチ

赤いボトルで有名な農夫山水など中華系メーカー

478_P6216599
左から順にご紹介。
农夫山泉运动装水 4.5元
农夫山泉天然水 2元
怡宝饮用纯净水 2元
百岁山天然矿泉水 3元

农夫山泉(農夫山水)は中国大陸のメーカー。一時期水質基準が開示している値を満たしていなかったと大きく報道され最近のCMはクオリティの高さ、品質安全を全面に押し出したモノになっています。

今日の振り返り中国語音源

矿泉水(kuàng quán shuǐ) ミネラルウォーター

纯净水 (chún jìng shuǐ) 蒸留水

スポンサードサーチ

ゴクリッ。飲み物に関する記事はコチラ

スタバの注文方法って?スターバックスコーヒー【星巴克咖啡】
コーラと人気を二分。中国人が愛する飲み物。スプライト【雪碧】
ゴクリッ。健康嗜好の中国人に入り込め!トマトジュース【番茄汁】
コカ・コーラは中国企業だ!と勘違い中国人も。飲料ブランド名って?コカコーラ【可口可乐】
コカ・コーラだけぢゃない!THE中国コーラ!崂山コーラ【崂山可乐】