「塔菜 (tǎ cài) ターサイ」の音声は以下をクリック。

秋から冬になると食したくなる野菜があります。
日本ではあまり馴染みがなく、一般的ではない野菜。

それはコレ。
葉っぱがモジャモジャとそそり立つ野菜。
その名もターサイ。中国語では塔菜(tǎ cài)
310_PB0220311

その形から、菊花菜(jú huā cài)や、
太阳菜(tài yáng cài)と呼ばれることも。
何となく林家パーのモジャモジャ頭を彷彿とさせる形状。
310_PB0220341

310_PB0220351

九州では高菜やからし菜と呼ばれる、
アブラナ科の野菜を炒めものにして食べる機会が多く、
このターサイは実はアブラナ科。

中国の市場で発見した瞬間。
ビビビッ!と感じるものがあり、
直ぐに買い込んで調理をしたのを覚えています。
その為、この季節から春先までは我が家の食卓では定番野菜。

ちなみに中華料理のポピュラーな料理は、
このターサイと竹の子の薄切りを一緒に油炒めが一般的。

シャキシャキのターサイとコリコリの竹の子が癖になります。
もし、冬の季節に中国に旅行など来た場合、
ローカル中華では結構置いている定番メニューなので、
試してみるのをオススメします。

自宅ではこの葉っぱ部分を包丁でカット!
カットすると芯はこんな感じ。
わさびの根っこな形状です。
310_PB02203811

ターサイは泥が付いている事があるので、
切り落とす前後に水につけて汚れ落とし。
切り落とした後につけすぎると養分が流れるので、
二度付けで汚れを取り除きます。

油を引いて熱した鍋やフライパンに、
豚肉のひき肉を全力投入。

ひき肉に火が通った頃合いで
千切りのシイタケとターサイを入れてシャカシャカ炒め。
馴染んでくる頃に醤油と砂糖、ほんだしを入れて、
最後に胡麻をまぶすとじゃ~ん完成。
310_PB02204111

調味料が面倒だ。という人は蕎麦つゆとか、
ぶっかけて炒めても大方問題なしです。

緑の味と香りと歯ごたえが意外と癖になる、
ターサイ。今日は中国語というより、
料理講座でしたがお試しを。

スポンサーリンク