「大米 (dà mǐ) 米」の音声は以下から。

市場に並ぶ白い粒。中国では一般的に大きな米袋が、
ぱっくりと口を開けてお客をお出迎え。

開いた口の部分に産地、名称、米の品種、価格
等が書かれた札がザクッと刺さっています。
198_P5250940

198_P5250941

米の品種は日本と違う品種も豊富。
长粒米(cháng lì mǐ)長粒米の取り扱いも。
長粒米は、インディカ米というタイやインドで見かける、
ヒョロっと細長いお米です。

東北大米とよばれる品種の米は、
日本で食される米のジャポニカ米に非常に近いです。

米の価格は多種多少で、500グラム1元程度から6元程度。
日本と比べるとカナリの安価な価格帯。
気になる味は日本の方が断然美味しいです。

日本では調理前の名称は「お米」、
調理後は「ご飯」と呼び名が変化するように、
中国語でも調理前は「大米(dà mǐ)」、
調理後は「米饭(mǐ fàn)」「白饭(bái fàn)」と変化します。

お米を洗う(そそぐ)こと、中国語では淘米(táo mǐ)
残念ながら洗米ではないんですね。

そんなお米を洗う行為、
日本と中国ではちょっと認識が違うようです。

日本的な洗米は米ぬかを落とすため。
しかし中国では洗米はカビなどを落とす意味も含まれるようです。

昔の日本でも中国同様の意味合いがあったと思いますが、
現在の日本では保存技術と物流の発達で、
カビを落とすという感覚は少ないと思います。

中国では今でも米ぬかを落とすだけではなく、
洗米をすることで米粒に付いている可能性がある、
カビを綺麗に取り除く、という趣旨が強いようです。
自己責任の中国らしい一面です。

またすすぎで出てきた米のとぎ汁は、
野菜を洗ったり、浸けたりする時に使って残留農薬落としに活用。
日本でも実行してる方、いますよね。

とぎ汁にカビが含まれるのでは?と気になったのですが、
一回目に野菜を浸す場合に米とぎ汁。
二回目からは水道水を活用とのことでした。

中国では葉もの野菜は数回浸すのが一般的なので、
最初にとぎ汁で頑固な付着物を取り除くようです。

中国にはお米に関するこんな歌も。
2005年頃の中国で大ヒットした名曲。
老鼠爱大米(lǎo shǔ ài dà mǐ)ネズミはお米を愛してる。

絶対日本では販売されないような、ネーミングの曲ですが、
ネズミがお米を好きなことに、なぞらえて、
「私は貴方が好きなのよ」という歌。

日本では販売されない、、、と思っていたのですが、
この原曲、日本でカバーされていました。
その名も「ネズミは米が好き」いやービックリ、そのままです。
日本語訳にされてて分かり易いですね。

香港スター、アンディー・ラウも歌ってます。
何故か、プロモーションビデオは、森田健作を彷彿とさせる剣道着。

日本人にとって切り離す事ができないお米。
中国でも歌になる位、愛されている食材の一つなのでした。

スポンサーリンク