「安全带 (ān quán dài) シートベルト」の音声は以下をクリック。

会社の出張でのよくある出来事。
スピードメーターに目をやると、100キロ近い速度で、
ゴーゥゴーゥと横の車を抜き去る運転手。

運転手のシートベルトは当たり前のように、
付けてはおらず、シートベルトは垂れ下がったままになっています。
192_1400129146288

そんなシートベルトの状態で、
車間距離が一切ないトレーラの間を、
スルリッと間一髪!
くぐり抜け我が先にとカーレースは続きます。

そのカーレース意味、誰も勝者はいないのに・・・
接触があったら私はワタシの体は、、、と頭を過ぎることの多々。
ちなみに運転手はレンタル車の会社の社員。
そのため、荒い運転や依頼を聞かないと、変更も可能。

と、思いきや会社業務部と関係がよくなったり、
運転手がスタッフと同郷が多かったりすると、
いつの間にか、チョットずつ関係が出来上がって、
変更ができない状態が完成。

こんな部分でも中国の人脈社会を、ちょっとだけ垣間見る時です。

街中のタクシー運転手に目をやってみましょう。
彼らも同じくシートベルトは付けてない事が多々あります。

中にはシートベルトを挿しているように見せかけて、
実は挿していないという、「そこまでするなら挿せばいいじゃない!」的な、
タクシー運転手も。警察から見つかると、当然罰金ですからね。

タクシーの助手席に乗ってシートベルトを刺そうものなら、
「何をお前は付けてるんだ、俺の運転は大丈夫だ、安心しろ」の一言。

さすが自分に絶対的な自信を持つ中国人らしい反応です。
しっかし、どこからそんな根拠の無い自信が湧き出すのか、
ワタシには未だ理解が出来ません。
たまに日本人にもいますよね。
そこまで抵抗しなくても、素直に付ければいいのに。

安全带(ān quán dài)、安全な帯と書いて、シートベルト。
シートベルトを締める、付けるは系(xì)を使い系安全带(xì ān quán dài)。

付けるだけじゃだめ!チャント付けて!
そうなると、便利漢字の「好(hǎo)」を使って、系好安全带(xì hǎo ān quán dài)。

強情で締めてくれない運転手には、请(qǐng)のお願い、依頼系を用いて、
请系好安全带(qǐng xì hǎo ān quán dài)どうか、しっかりとシートベルトを締めて下さい。
と言って事故の被害を留めるお願いをするしかないのです。

スポンサーリンク