「情况 (qíng kuàng) 情况」の音声は以下をクリック。

中国語の情况(qíng kuàng)は、日本語と同じ状況。
チョットフレーズ、看情况(kàn qíng kuàng)とすると、
「状況を見ましょう」となります。

出席者の状況が悪かったり、不明点が多かったりと、
最終ジャッジを決めかねる場合、まずは様子見ということも。
こんな時に、先看情况吧(xiān kàn qíng kuàng ba)まずは、様子見だな。
という感じで使えます。

今時点の状況を確認する場合は、
现在的情况呢?(xiàn zài de qíng kuàng ne?)今の状況は?
という感じで使えます。

では、现在的上海情况呢?
今の上海の状況は?どうでしょうか。

今週に控えたCICA
徐々に会議情報が明らかになってきたようです。

街の状況はこんな感じ。市内首都高速に垂れ幕設置。
交互に中国語英語の垂れ幕が設置され、感慨ムード一色。
189_DSCN0004

189_RSCN9992

189_RSCN9994

189_RSCN9997

上海と他の都市を結ぶ高速道路は一部封鎖。
片道6車線ある高速道路は、4車線封鎖。

2車線を開放して往来しているのですが、
上海から他の都市への移動はまだ問題がないのですが、
上海に戻る時は上海プレートは基本スルー。
上海以外のナンバーだとランダムに検査をしているようです。
189_封鎖

上海市内の状況。
先週辺りからタクシーが停車しないことが多くなりました。
何となくタクシーの数も少ないような。

日曜に使ったタクシー運転手に聞くと、
夜21時過ぎると一部の運転手は自主的に帰宅。

理由は夜、人出が極端に少ないようで、
流し運転しているだけも疲れちゃうし売上にならないからとの事。

会議会場は浦東で行われるようで、
各首脳が宿泊しているエリアから会場をつなぐ、
首都高速は一部封鎖。
早ければ今日から制限を行っているようです。

詳しくは、上海日本国領事館のページを。
会議が終わるまでは、誰も通過させないということのようです。

警察の窓口業務は21日は休み。
この日ばかりは窓口業務の警察の方たちも、
全員体勢で街の警備にあたるのかも知れません。
多くの警察が街を守ってくれると、それだけで安心感があります。

浦東側ビジネスビルの高層ビルについては、
週末月曜から立ち入り禁止。
元々21日が臨時休暇という事でしたが、
会議の近いエリアだからなのか、厳しく取り締まれています。

高層ビルをもし開放していると、
会議当日に高層ビル上層から銃撃の格好の条件になったり、
爆破があれば大惨事に繋がります。リスクを考えた措置でしょう。

また飛行機などが高層ビルに、、、と、最悪の事を考えると、
既に封鎖をして立ち入り制限をすれば、被害者が劇的に減少します。
もしもの事態を考えて、今回は警備にも余年がないように思われます。

中国人の友人曰く、21日は地下鉄の荷物チェックと、
ボディチェックが厳しいかも。
確かに荷物チェックに普段いない、警察官のような方が、
立ち会いを初めている場所も。

ある中国人は「地下鉄の駅によっては、止まらないで素通りするかもよ。」
なんて話も。「自分の最寄り駅は大丈夫なのかな?」なんて思ってしまいます。

水上の乗り物も一部禁止、空の監視が厳しく、
ヘリコプターを上空で侵入してはイケない、
凧揚げをしてはイケないなど21日までは制限続きの上海。

街が少々ピリピリしていますが、何事も起こらない為には、
この位の措置が適切なのかも知れません。
平穏に終わるのが一番。21日までは、看情况なのです。

スポンサーリンク