「青团 (qīng tuán) 草団子」の音声は以下から。

4月5日から中国は清明節で三連休。
この時期は春の陽気に包まれる、
上海で非常に短い天候の良い季節となります。

この季節見近づくに連れて、コンビニのレジの横や、
パン屋の店先に緑のパッケージがボッカっと陳列。
143_P3020167

この季節限定のスイーツ、草だんご。画を見る限り日本の草だんごよりも、
化学的な発色の良い色をして、食欲をソソられないのですが、
商品には日本の草だんごと同じ自然な色の草だんごもあります。
143_P3090308

143_P3090309

中国の草だんごは日本と同じで、
「艾草(ài cǎo)よもぎ」を使って、もち米で団子を練って、
団子の中にアンコが入っています。

ただし、アンコの原料として豚の脂、
ラードを使っているので、日本のアンコに比べて味が濃厚。
ちょっと好きずきが別れる所です。

私はちょっと重すぎる感じがして、
サッパリしている日本の団子の方が好きですね。
ただ日本の方はさっぱりし過ぎて、数を多く食べてしまう可能性も・・・。

中国の草だんごの発祥の地は、江南地方と言われています。

今では清明節の習慣も昔と違ってきていますが、
古代中国では清明節前の二日間は、
「寒食节(hán shí jié)」と呼ばれ、火を使った調理はご法度。

冷食(lěng shí)と呼ばれる、
冷たい品、冷たくして食べる物を摂るのが風習となっていました。

その為、この草だんごは一旦加工して保存ができ、
冷たいままでも食べられるため、広まった食べ物のようです。

清明節までの期間は至る所で見かけるチャンスがある青团。
一度チャレンジするのもいいかも?

上海人がオススメする青团はこんな店です。
自分好みの草だんごを探してみてはどうでしょうか?

王家沙点心店(南京西路总店)
静安区南京西路805号(石门一路近く)
地図はココから。

沈大成(南京东路店)
黄浦区南京东路636号(浙江中路近く)
地図はココから。

王家沙点心店(南京西路二店)
静安区南京西路1890号(愚园路近く)
地図はココから。

五芳斋(云南南路店)
黄浦区云南南路28号(延安中路近く)
地図はココから。

スポンサーリンク