今後もニョキニョキと営業箇所が増えそうな予感です。

日本のタクシーでもお馴染みの車内広告。
中国のタクシーにも同様の広告や、ちょっと進んで液晶画面にプラスUSB口を付属させ、
携帯を充電しながら広告を見られるなど多様な広告形態を展開しています。

今回のタクシーで見かけたのは普通の紙媒体の広告だったのですが、
内容を見ると「ついに来たか!」という印象の広告でした。

その広告がコレ、「极限蹦床」と言う、屋内トランポリンをメインとした、
アトラクション施設のオープン広告。
IMG_20170205_091250

「おっ!」と思われたアナタ!そうなのです!!
先日、別の記事で「トランポリン施設」を紹介したばかり。

関連記事「中国上海に最大級の体力作り設備が登場。トランポリン【蹦床】」はコチラから。

この広告には、何故かアメリカ・ハワイに住む「郭瑞筠」という架橋美女の写真と、
QRコードが大きく取り上げられていました。
ハワイってトランポリンの聖地なのでしょうか?
IMG_20170205_091257

IMG_20170205_091306

QRコードをスキャンしてみたのですが、
このトランポリン施設紹介の動画サイトにアクセス。
住所を調べると、前回訪問した場所から一駅と目と鼻の先。
動画サイトはコチラから再生が可能です。

ついに“ガッツリ”とぶつかり合いの競争が始まりそうな予感。
そしてこの感じでいくと同様の施設が上海に数カ所オープンしていき、
サービスの競争、価格の競争、施設設備の競争などが始まりそうです。

気になるのが、価格競争が激しくなり過ぎて、
トランポリンのメンテナンス費が後回しになって事故が起きないか?
利用者は子供が多いので、しっかり管理して欲しい所です。

儲かりそう!とお金の匂いを感じ取ると、
ニョキニョキと竹の子のように、同じようなサービスが始まる中国。
今年のトレンドは体験型の屋内施設、トランポリンになるかも知れません。

今日の振り返り!中国語音声

竞争 (jìng zhēng) 競争

服务 (fú wù) サービス

スポンサーリンク