自宅玄関に刺さっていたこんな紙。
pc194256

要するに「私の会社の不動産を販売したいので、興味がある方は連絡を!」との事なのですが、
ここに書かれている「税少」の文字。

以前の記事で間取りや「房价(fáng jià)住宅価格」についてはご紹介したのですが、
そう言えば、中国の「部屋の税金」ってどうなってるの?
調べてみようと思って訪ねたのは「MONEY VOICE」で紹介した近所の「吉旺不動産」へ。

今日もニコニコ顔の邱さんご夫婦に突撃質問を開始!
いつも突然の質問にも快く応えてくれる頼れる方達なのですが、
中国の不動産には「二種類の税」が存在しているのだとか。

まず一つ目は「契税(qì shuì)」と呼ばれる不動産購入時の税金。
日本で言うと事の消費税のようなもの。
上海の場合は、一軒目は購入額の1%で二軒目は3%、
外地人は二軒目の購入はNG、上海戸籍の人のみ二軒目購入がOKらしいです。

二つ目は「房产税(fáng chǎn shuì)不動産税」と呼ばれる税金。
毎年支払いを行うそうで、日本の固定資産税にあたるようですが、
日本とちょっと違うのが対象となる条件。

住人一人当たり60平米未満の場合は「無税」なのだとか。
例えば3人家族の場合「180平米」までは「無税」。
超えた部分の平米に対して税を支払うのだとか。

この計算方法は二軒目の自宅を持っている場合、
仮に3人家族で一軒目100平米、二軒目が200平米だとすると、
平米数を合算した300平米から3人家族の「無税」にあたる、
180平米を減算した120平米が「税対象」となるのだとか。

また基本的な税のルールは中国全土で一緒と思うけど、
税のパーセンテージや支払い額や平米数は多分、省や地方で違うと思うよ。
との事でした。

日本でも購入時には消費税があり、購入した資産に対しては、
固定資産税がある訳ですから、日本とあまり大差がないようにも思えますが、
平米数が小さいと「払わなくていい」というのは、
中国独自のルールかも知れません。

これって「大きい家」イコール「お金持ち」という発想からとすると、
意外と庶民には有り難い税のルールなのかも知れません。

今日の振り返り!中国語発声

房产税 (fáng chǎn shuì) 不動産税

契税 (qì shuì) 不動産取得税

スポンサーリンク