日系のインスタントラーメン、中国でも入手可能なのをご存知でしょうか。
ローカルのコンビニでも入手可能なのがこのブランド。
p9103603

写真でお分かりと思いますが、日清の焼きそばUFO。
日清は他にもラ王なども中国本土で販売していますが、
立ち寄ったコンビニには、あいにくUFOだけの販売だったので、
今回はUFOを二種類とも購入してみることに。

中国のUFO、日本とは味つけが異なり中国向けに変更されています。
黄色いラベルは「鉄板牛肉風味」、赤いラベルは「魚香肉絲風味」
いずれもコンビニ価格は6.9元。
調べると「铁板色拉鱿鱼風味」とイカ味も有るようです。

p9103604
蓋をバリッと蓋を開けると、味付けの要のソースとかやく、
そしてマヨネーズの三つの袋入り。日本に比べてかやくの量が少ない印象です。
日本では馴染みがないと思いますが、中国の多くのインスタントラーメンには、
写真のようなフォークが付属されお湯さえあれば、本当にどこでも食べられます。

長距離移動で利用が多い列車お給湯器の前には、
インスタントラーメンを抱えた人だかりも。

今回購入した2つのUFO。
日本と同じでソース仕様と思っていたのですが、
牛肉鉄板味はソースではなく味噌のようなペースト状態、
魚香肉絲側はソース状態で面に絡みやすかったですね。

熱湯かけて3分待ち、お湯をきって、調味料をかけて、
付属のマヨネーズをかけて、いざ実食。
p9103605

2つとも食べた結果、個人的には味つけは鉄板牛肉の方が好きでしたが、
いずれも日本のソース焼きそばとは違う趣旨の味つけ。
ソース文化は上海にはありますが、それ以外のエリアは余り浸透していないので、
このような味つけなのだと思います。

場所が変わると志向が大きく違う中国、コレだ!という味つけで、
中国人の胃袋に殴り込みをかけて欲しいですね。

今日の振り返り!中国語音声

飞碟炒面 (fēi dié chǎo miàn) 焼きそばUFO

日清 (Rì qīng) 日清

スポンサーリンク