深圳名物と言っても過言ではありません。。。。
上海から南の都市、広東省深圳まで飛行機で移動。
上海の虹橋空港でエアチケットを発券してゲートへ。

搭乗時間になっても一向に動きがない搭乗口。
乗客がざわつき始め「ようやく出発か。」と思って搭乗口に行くと、
何かを渡されている乗客たち。

それを見た瞬間、恐怖の時間が始まったのを理解しました。
乗客が手渡されている物、それはお弁当。
IMG_20160808_175203

IMG_20160808_175352

お弁当を渡される、つまり飛行機の出発が
「延误(yán wù)遅延」して長引くので、
腹ごしらえして覚悟して下さいね。という意味があるに等しいのです。

ここからは体力勝負です。仕方なく弁当と水を受け取り着席。
弁当の中身は狮子头ときゅうりの炒め物、竹の子と豚コマの辛味噌炒め。
上海長崎便のように素敵な弁当だと嬉しいんですが。。。

弁当をモグモグしながら周りを見渡すと慣れたものなのか、
時間に寛容的なのか、皆さん騒ぐことなくご飯を食べて歓談中。

遅延が長く続いて食べ物を何も配らない状態が続くと乗客達は、
早く乗せろ!いつ搭乗が始まるんだ!と騒ぎ出すので、
食べ物で胃袋を掴んで、騒ぎが起きないよう先手を打つのが空港側のよくある措置です。
IMG_20160808_174823

IMG_20160808_174830

結局、二時間ほど待ち、搭乗後も飛行機内で20分程度待ってフライト。
深圳への移動は当たり前のように、この「遅延」が起こるので、
こんな物を事前に準備しておくと、時間が潰せます。

IMG_20160808_180055

IMG_20160808_185902

書籍やマンガ、電子書籍の類
ジックリと本を読む時間に充てられるので、集中読書タイム!
今回は一冊読破しました。

スマフォゲームや動画
スマフォ便利ですよね、ゲームやら動画やらあると長時間楽しめます。

携帯の予備充電池やケーブル電源の類
スマフォの肝心な電源供給がないと長期戦に望めません。
※中国の場合は、空港の至る場所で電源無料です。

パソコン
私はパソコンのExcelやパワーポイント、音源編集ソフトで作業を良くしています。

深センへの移動だけではなく、飛行機移動が有る方、十分に待機時間を満喫できる、
貴方だけの何か一品を準備されるのをオススメします。

フライトの出発時刻を確認する中国語はコチラ。

航班几点起飞呢?
háng bān jǐ diǎn qǐ fēi ne
フライトは何時に離陸しますか?

今日の振り返り!中国音声

起飞 (qǐ fēi) 離陸

延误 (yán wù) 遅延

スポンサーリンク