*

日本人には理解し難い中国人と酒との関係。関係【关系】

关系 (guān xì) 関係

中国人と酒との関係
会員の方から質問がありました。
中国人と酒との関係ってどうなの?という事なのですが、
私も長年どうなのだろう?と考えていた事です。

今回は3回に分けて、私自身が感じた中国人とお酒の関係をご紹介。

私も三ヶ月中国の全土をバックパックしていたとは言え、上海の生活がベース。
私自身がリサーチしている中国人としては、上海人、北京人、山東省、
遼寧省、朝鮮族、ミャオ族など全ての民族を理解している訳ではない点と、
各地域で文化が異なる点、13億という人口のため様々な考えがある点を考慮してもらい、
読んで貰えると有り難いです。
(言い訳のような前置きですが、中国人を一つとして考えるのは間違いなのでご理解を)

大きく分けてこんな質問を受けました。
中国人は普段自宅で酒を飲むのか?飲むのは宴会の時だけか?
普段酒を飲まないというのに、宴会になると何で乾杯をしてくるの?
結婚式でも乾杯を繰り返すのか?
日本人のように食事とお酒を合せるの?

まずは基本情報として中国にあるお酒をご紹介。
中国にあるお酒と言えば、まずは白酒!そして紹興酒やビール。
最近ではワインなども飲み、日本食では日本酒や焼酎も嗜んでいます。

これ以外にも「米酒(mǐ jiǔ)米酒」と言われる中国のお酒もあります。
身近な所では上海。上海北部の島、崇明岛と呼ばれる島があるのですが、
ここは米酒の産地。名前の通り米を発酵させて作るお酒です。
「清酒」と「どぶろく」の中間のようなお酒でアルコールは8度程度。
スーパーなどで購入することも可能です。

ただこの米酒も貴州省などになると、製造の過程で蒸留を行い、
焼酎に近い酒に早変わり。アルコールも30度以上。
同じ米酒という名前でも場所が違うと製造工程も違い味もアルコール度数も変わります。

あと養命酒的な「养生酒(yǎng shēng jiǔ)」と呼ばれるお酒。
白酒がベースですが、クコの実や朝鮮人参などを漬けたお酒。
年配の方はこれを晩酌代わりに飲まれる方もいるようです。

さて会員の方からの質問。
中国人は普段自宅で酒を飲むのか?飲むのは宴会の時だけか?

答えとして自宅でも飲む中国人、少なからず居ます。

例えば近所のクリーニング店のオヤジ。
店舗の軒先で椅子とテーブルをだして食事をしながら一杯。
ただ飲んでいる年齢層をみると明らかにダンディな世代が多いです。

30代や40代以降になるとあまり飲まなくなるようです。
20代の上海人なんて更に飲まないのではないでしょうか。
日本と同じで若い世代はお酒を飲むより他にすることがあるから、という感じです。

年齢層によって飲む中国人もいますし、飲まない中国人も。
飲まないと言っても下戸ではなく普段は飲まないで宴会では飲むという中国人も。

宴会では酒は飲むが自宅では飲まない中国人は、お酒が好きというより、
仕事上、宴会などのシーンでシコタマ飲むので、それ以外は飲まないという感じです。
普段は休肝日なのでしょうね。中国人も人の子、肝臓を休ませないと、身体が壊れます。

日本人のように仕事帰りに友人同士やスタッフ同士で一杯というのは上海では少なめ。
家族が待つ自宅に帰るというのが大多数を占めています。

友人同士で集まって飲む場合、年齢に関係なく、干杯!と飲む場合もあります。
私と上海人の友人は話が中心でお酒はそのお供。
話す時間が長いので結局はお酒の量も増えますが、飲み干すことはしません。

北京に住む遼寧省出身の友人の場合は、話もしますが干杯と飲み干しながらの食事会に。
宴会で延々と繰り返される干杯ほどではありませんが、習慣というか、
礼儀というのか、北の友人の場合は白酒またはビールの干杯は付き物です。

明日に続きます。

今日の振り返り!中国語音源

关系 (guān xì) 関係

习惯 (xí guàn) 習慣

広告A

広告B

広告C

FACEBOOKページにご参加ください

活きた中国語を覚えよう。1110日登録率No.1中国語メルマガ。

ウェイシン(wechat)の使い方設定マニュアル入門編
特選!読んで納得の中国書籍のご紹介

著者はダイキン工業㈱の
グローバル戦略本部初代中国部長を皮切りに、
華北地区総代表、初代北京代表処所長、首席代表などを歴任。
大金(中国)投資有限公司の設立に奔走された初代董事。
※ダイキンは中国語で「大金」

その中で”腎不全になり”とプロフィールにあるのですが、
しこたま中国人と白酒を飲みビジネスを推し進められたのかな。。。
と勝手に推測してしまいます。

書籍の基本構成は以下。
中国全省を6つのエリアに分けています。

第一章、環渤海経済圏
北京市、天津市、河北省、山東省、山西省、河南省

第二章、華東経済圏
上海市、江蘇省、浙江省、安徽省

第三章、華南経済圏
広東省、江西省、海南島、福建省

第四章、東北三省、内モンゴル自治区
遼寧省、吉林省、黒竜江省、内モンゴル自治区

第五章、中西部開発地域
重慶市、四川省、甘粛省、陜西省、湖北省、湖南省、
貴州省、広西チワン族自治区、雲南省

第六章、イスラム・チベット圏
青海省、寧夏回族自治区、新疆ウイグル自治区、チベット自治区

各省の基本的な人たちの生活風習や性格、
また省自身が目指している中国でのポジション、
省や省の人達を表現する「小話」や「逸話」を披露。
その省の有名人や省のうまいものを紹介。

国土も人口も日本の十数倍ある中国を、
この一冊の書籍で垣間見ることができます。

著者に共感できるのは、中国人は一括りに出来ない、
とこの書籍を通して紹介してい点。

13億人の人口、風土も文化も生活習慣も違う、
それぞのの省、根付いて生活をする中国人を
分類けしつつ中国を紹介している書籍です。

広告A

広告B

広告C

関連記事

国際色豊かな割りに韓国と中国色が強烈な店舗。国際【国际】

韓国人が見たら激怒するかも知れません。 新しく生まれ変わる上海の...

記事を読む

日本より身近。中国でも食べられる大豆加工製品。湯葉【豆腐皮】

個人的には好きな食材の一つです。 低糖質ダイエットを始めたから、...

記事を読む

街の巨匠!モナリザを描く。世界の巨匠一覧付き。画家【画家】

ニュータイプの表現方法でした。 ひと仕事終えて帰宅している際に路...

記事を読む

深センで見かけた。大陸と香港で異なる漢字表記。繁体字【繁体字】

香港の近さが肌で伝わってきます。 先週は深センに滞在していたので...

記事を読む

初体験。深セン地下鉄の特別サービス。ビジネス車両【商务车厢】

リピートしたくなる快適さでした。 深センに宿泊して二日目。 ス...

記事を読む

新着記事

国際色豊かな割りに韓国と中国色が強烈な店舗。国際【国际】

韓国人が見たら激怒するかも知れません。 新しく生まれ変わる上海の...

記事を読む

日本より身近。中国でも食べられる大豆加工製品。湯葉【豆腐皮】

個人的には好きな食材の一つです。 低糖質ダイエットを始めたから、...

記事を読む

街の巨匠!モナリザを描く。世界の巨匠一覧付き。画家【画家】

ニュータイプの表現方法でした。 ひと仕事終えて帰宅している際に路...

記事を読む

深センで見かけた。大陸と香港で異なる漢字表記。繁体字【繁体字】

香港の近さが肌で伝わってきます。 先週は深センに滞在していたので...

記事を読む

初体験。深セン地下鉄の特別サービス。ビジネス車両【商务车厢】

リピートしたくなる快適さでした。 深センに宿泊して二日目。 ス...

記事を読む

コメントを残す

広告A

広告B

広告C

wechat決済マニュアル
ウェイシン(wechat)使い方設定マニュアル
ゼロから始める中国語発音講座
中国語カラオケ特集
中国語を映画で学ぶ 人気中国映画を紹介
上海のローカルフード小籠包の隠れた名店を紹介
路地裏ウォッチャー
国際色豊かな割りに韓国と中国色が強烈な店舗。国際【国际】

韓国人が見たら激怒するかも知れません。 新しく生まれ変わる上海の...

日本より身近。中国でも食べられる大豆加工製品。湯葉【豆腐皮】

個人的には好きな食材の一つです。 低糖質ダイエットを始めたから、...

街の巨匠!モナリザを描く。世界の巨匠一覧付き。画家【画家】

ニュータイプの表現方法でした。 ひと仕事終えて帰宅している際に路...

深センで見かけた。大陸と香港で異なる漢字表記。繁体字【繁体字】

香港の近さが肌で伝わってきます。 先週は深センに滞在していたので...

初体験。深セン地下鉄の特別サービス。ビジネス車両【商务车厢】

リピートしたくなる快適さでした。 深センに宿泊して二日目。 ス...

→もっと見る

PAGE TOP ↑