梅雨に入った上海。平日週末問わずに、
シトシトと小雨、ザーザーと大雨な上海。
この雨が収まると灼熱の夏がコンニチハ!とやってきます。

そんな梅雨の上海に夏を先取りしている場所、
それは野菜市場。

上海にもビニール栽培もあるのでしょうが、
露地物の野菜が多いので旬が分かって、
本来の野菜の時期が勉強になります。

そんな野菜市場に立ち寄るとチラホラ夏の野菜が登場中。

個人的に夏野菜でダントツに好きな野菜。
それはニガウリ、ゴーヤです。
中国語でもそのまま「苦瓜(kǔ guā)」と呼ばれます。
484_P7056789

「瓜(guā)」は、日本語でもお馴染みのウリのこと。
野菜や果物にはこのウリ科が多いので、
多くの野菜や果物の名称に、この「瓜」を見ることができます。
中国語の単語を関連付けて覚えるにはうってつけですね。

例えば、「南瓜(nán guā)かぼちゃ」,「黄瓜(huáng guā)きゅうり」,
「丝瓜(sī guā)へちま」,「冬瓜(dōng guā)とうがん」,
「西瓜(xī guā)スイカ」,「木瓜(mù guā)パパイヤ」などなど。

このように関連付けて覚えると、
メニューに写真が載ってないレストランで、
何となく料理に何を使っているのかが想像できる。

結構これ注文する時に大切なこと。
レストランの注文で写真や日本語がないと、
諦める日本人が多いですが、もし黄瓜と書いている。

「きゅうり」がメインの料理っていえば、前菜だな。
なんて感じ。

慣れると、「冬瓜(dōng guā)」って、煮込みかスープが多いし。
とある程度素材で料理が分かります。

紹介したニガウリは結構、料理の守備範囲が広い素材。
こんなTHEそのままニガウリは、前菜。塩もみしてごま油で味付け。
484_P6276641

細切り豚肉と炒めもの。玉子でとじてオムレツ。
みじん切りやぶつ切りにしてスープに。
そして垂れ幕に書かれている通り、ビールにニガウリ。
ニガウリでビールを作っているんです。
484_P6220148

初めて見たのは旅行先の世界遺産平遥。
残念ながら上海では見かけないのですが、
山西、河北、北京などで見かけるブランド。
試しに飲みましたが苦い、という感じはなかったです。

ニガウリは利尿作用もあるので、
夏に取り過ぎた水分のブクブクむくみを解消してくれます。
チョット苦いと言わずに、たまに試してみてはイカがでしょうか?

今日の振り返り中国語音源

苦瓜 (kǔ guā) ゴーヤ

蔬菜 (shū cài) 野菜

スポンサーリンク