「天には龍の肉が地上にはロバの肉が」こんな表現がある中国。

ナゼこんな表現があるかというとロバ肉は非常に栄養価値が高い食材だから。ロバ肉の有名な場所は山東や河北省など中国の北のエリアで食べられる機会が多い食材。

今回は上海で中国人オススメのロバ肉店舗で食べた名物料理についてご紹介です。

スポンサーリンク

中国人が進めるロバ肉店舗を訪れてみた

「上海で食べられない」訳ではなく、中国人の友人に最近ハマっている店を教えてもらいました。

北方小院と呼ばれるお店。※残念ですが、店舗移転しています。
普陀区 杏山路107号/梅岭南路口
地図はココから。

ロバ肉店舗の店構え

ロバ肉の店内

ロバ肉メニュー

中山公園から三号線で北にひと駅。そこから歩いて10分程度。ただし、大通りから一歩裏手。中々見つけにくい場所にあるので、ご注意を。

看板に「保定(bǎo dìng)」と書かれていますが、河北省保定区のこと。スタッフがこの当たりの出身なのでしょう。

ロバ肉店舗でお勧めの一品をチョイスしてみた

お昼ということでココのお勧めの一品をチョイスです!「精品驴肉火烧(jīng pǐn lǘ ròu huǒ shāo)特選ロバ肉のサンドイッチ」、「驴杂汤(lǘ zá tāng)ロバの内蔵スープ」を注文しました。

ロバ内蔵スープ

スポンサードサーチ

ロバ肉を実食してみた

「火烧(huǒ shāo)」は小麦粉をこねて焼いた食べ物。パイのように生地が層になっています。パリパリの食感は個人的には好きな食感。どうやら「火烧(huǒ shāo)」焼きたてがベスト。時間が経過するとこの触感は楽しめないのだとか。

この生地の中にこれでもか!というボリューム満点のロバ肉が。牛や豚などのように脂がジューシーということではなく、赤みの肉を食べる感じです。

個人的には「脂ギトギトの肉を食らう!」のが苦手なのでアリです。新鮮だからと思いますが肉に臭みなし。

一番気がかりだった内蔵スープ。心臓、腸、レバーなどが入っています。そもそも内蔵系が嫌いな人はNGでしょうが、スープは塩系、内蔵は正直臭みなし。

ちゃんと処理して調理をしているのと、内蔵が新鮮だからという証拠ですね。そうでなければ塩味で勝負できないでしょう。

訪れた店舗は四つ星評価の高評価の店舗だった

中国版食べログ的な「大众点评(dà zhòng diǎn píng)」での評価は、四つ星。中国人にもなかなかの高評価店舗。

ちょっと場所が探しにくいですが、北の名物料理のロバを上海で手軽に楽しめるので、お勧め。昼は今回のような料理、夜は火鍋もありますし、ロバ以外にも羊もお勧めのようです。

日本では中々味わえないロバと羊を楽しめる店舗。ここは中国、一度位試してみてはどうでしょう。

スポンサードサーチ

今日の振り返り中国語音源

驴肉火烧 (lǘ ròu huǒ shāo) ロバ肉のサンドイッチ

驴杂汤 (lǘ zá tāng) ロバの内蔵スープ