今日は「k」と「c」を用いた発音の比較をご紹介。

パソコンで日本語を打ち込む際に、
「k」と「a」をパチパチ入力すると「か」、
「c」と「a」をパチパチ入力すると「か」。
どちらも同じ「か」と変換されます。

また例えば「キャノン」の英語表記は「Canon」
その為なのでしょうか?
私は中国語を学習し始めた時「ca」の表記を見ると「キャ」と連想しました。

しかしカタカナで表示しようと思うと、
パソコンで入力する時は「kyanon」、「k」から始まります。

こんな日本語での「k」と「c」の関係性も関係するのか、
中国語の発音を覚える際に、いささか間違いが発生しているようです。
その上、「c」は日本語で表現しにくい発音。

2つの音を比較しながら音の違いを確認しましょう!
「k」の音のベースは日本語の「か」に近い部分もあり習得がし易いです。
「c」の音のベースは日本語の「つ」に近い点が一部あります。
※どちらとも「ke」と「ce」などは少々難しいです。

「ka」は、日本語の「かぁ」という音に近いです。
「kou」は、日本語の「こぉう」という音に近いです。
「kong」は、日本語の「こぉん」という音に近いです。
「ku」は、日本語の「くぅ」という音に近いです。
「kuo」は、日本語の「くぅぉ」という音に近いです。
「kui」は、日本語の「くぅぃ」という音に近いです。
「kuan」は、日本語の「くぅぁん」という音に近いです。
「kun」は、日本語の「くぅん」という音に近いです。

「ca」は、日本語の「つぁ」という音。
日本語の「つ」は口を前に突き出しますが、
中国語の「ca」の場合は突き出さずに、
口を横に広げながら「つ」の音をだす感じ。

口を横に広げた際の感触は「ちゃ」を発音する際の口の動きに近いです。
前歯の裏に舌を添えて、音を出しながら舌を歯の裏から離しながら「つぁ」と音を出す。
また有気音のため、クチビルの前に手を添えると空気が漏れてきます。

「c」の発音はまず、前歯の裏に舌を添える所から始めると、
比較的楽に習得が可能です。

一声の音で「k」→「c」の順番で音を並べています。
聴き比べてみましょう!!※何れしかない音は紹介していません。

「k」と「c」の中国語発音比較

「ka」と「ca」の一声男性

「ke」と「ce」の一声男性

「kai」と「cai」の一声男性

「kao」と「cao」の一声男性

「kou」と「cou」の一声男性

「kan」と「can」の一声男性

「ken」と「cen」の一声男性

「kang」と「cang」の一声男性

「keng」と「ceng」の一声男性

「kong」と「cong」の一声男性

「ku」と「cu」の一声男性

「kuo」と「cuo」の一声男性

「kui」と「cui」の一声男性

「kuan」と「cuan」の一声男性

「kun」と「cun」の一声男性