「英伦 (Yīng lún) イギリスロンドン」の音声は以下をクリック。

週末の上海。
街を歩くと目の前に見慣れない車が停車。

「あーーー!ロンドンタクシー!」
上海にあるタクシー会社強生が10月11日より開始した、
通称「英伦出租车(Yīng lún chū zū chē)ロンドンタクシー」
英伦(Yīng lún)とは、
英国伦敦(Yīng guó lún dūn)イギリス・ロンドンの略称。

旬な乗り物!さっそく乗り込みました!
299_DSCN0902

299_DSCN0904

299_DSCN0905

早速取材&室内チェック。
と思ったのですが運転手から、まず一言。
「シートベルトをお付け下さい」
上海10年生活をして、初めて言われた言葉でした。

サービスの高さが期待できます!

シートベルトを締めて、早速取材です。
運転手の番号を見ると20年タクシーを運転されている方。
このロンドンタクシーの運転手は条件があるようです。

例えば運転歴が20年以上。サービスを表す星が3つ以上、
それ以外にも運転技術が安全だ、など条件をクリアーして、
選ばれた運転手との事。その為か台数も限定50台。
299_DSCN0907

また一般的にはタクシーは二人体制で、
一日置きに運転手が交代して運転をするのですが、
このロンドン・タクシーは1台に一人体制。
毎日運転を行うので、深夜帯などは走らないようです。

後部座席には座席が3つ。
ただし一つは折りたたみ式。補助席的な印象です。
299_DSCN0908

後部座席は広々設計。足をこんなに伸ばしてもOK。
ちなみに、つま先にあるスピーカーのような物は、
空気清浄機。PM2.5も安心です。
299_DSCN0917

それにフリーWi-Fiも完備。
運転手にお願いすると使えるようです。
移動中にネットを繋いで作業されたりする場合は、
是非運転手に声をかけてみてください。
299_DSCN0916

助手席も同様に折りたたみ式の席となっていて、
通常は荷物を置くスペースとのこと。

スーツケース位は楽に置けますが、
座る場合は座り心地が悪いらしく、
一人の場合は後部座席に座るように案内されました。

扉には手すりが至る所にあり、年配者にも優しい設計。
下車時に分かったのですが、車いす対応の車種のようで、
車いすの乗り入れがスムーズにできるよう、
ステップが付いているようです。
299_DSCN0921

299_DSCN0942

また乗車席とは完全に透明仕切りがあり、
現金やカードの受け渡しは、
備え付けの窓に置いて支払いを行います。
全てが今までのタクシーとは違う作り。
299_DSCN0926

299_DSCN0940

この透明な仕切りがあるので、
会話はマイクを通して運転手とやり取り。
運転手の声は天井に設置されたスピーカーより流れてきます。
299_DSCN0924

物珍しさもあって、街行く人も振り返ります。
運転手曰く上々の滑り出しらしく、
結構な売上になっているとの事でした。

全体的な評価ですが、乗り心地はいつものタクシーよりGOOD。
荷物の置き場は助手席と後部座席の空きスペースがメイン。
トランク部分は非常に小さく、大型のスーツケースなどは置けません。

その為、大人二人がゆっくり座って、
空港まで荷物を運ぶ分には申し分ないですが、
それ以上になると通常タクシーがいいかも知れません。

ただ運転手の対応、車内のオプションを考えると、
空港などの長距離移動など、
たまに乗るにはいいかな、と思えるタクシーでした。

ちなみに肝心の料金は通常タクシーより、
少々お高く初乗りは18元。それに燃油費の1元が加算。
3キロを越えると1キロ2.6元の加算となります。
299_DSCN0943

降りる際に運転手から名刺を頂きましたので、
次回空港移動時に利用してみてもいいですね。
299_DSCN0913

付加価値を売りにしたサービスタクシー。
久しぶりの新しい試みですね。

07年頃に大衆タクシーがベンツタクシー、
その後、万博タクシーのサービスなど、
色々と進化を続ける上海タクシー目が離せませんね。

スポンサーリンク