「坏了 (huài le) 壊れる/腐る」の音声は以下から。
※「le」は本来は軽声ですが、音源の関係上、四声の音源を使っています。

我が家のアパート内に気がつけば、椅子と手すりの取り付けが完了。
272_DSCN0054

272_DSCN0056

272_DSCN0057
留守の間に設置されていたようですが、
我が家のご近所さん、結構な高齢者住宅と化しています。

既に退職されて悠々自適な方たちなのですが、
建屋にはエレベーターがなく、階段で昇り降り。
最上階は6階のため途中で休憩地が欲しい所。

カンバンも設置していますが、ご老人向けのこの設備。
人にやさしい中々のアイデアですが、ちょっと疑問点も。
272_DSCN0055

この手すりどうやって壁に取り付けたんだろう。
という点です。

正直我が家の建物は耐震構造無視の、
フニャフニャアパート。

日本のようにコンクリートやブロック、
鉄筋を用いて作った建物ではないです。
これは断言できます。

ブロックの代わりに赤いレンガを積み上げて、
6階アパートを建築。
三匹の子豚の世界が上海にはまだ残っています。

そんな赤レンガにどうやって取り付けたのか?
多分ネジを差し込んでいるんだろう、と推測。
次の疑問は手すりに全体重の負荷を掛けて耐えられるのか?
という点。

その数日後・・・・。
手すり、取り付けられた場所に既になく、
無残に窓辺に置かれていました。
やはり案の定ネジで取り付け。
272_DSCN0282

272_DSCN0283

272_DSCN0285

272_DSCN0284

6つの箇所をシッカリハメていたようですが、
全体重をかけたらソリャ取れますわ。

中国ではよくあるのですが、
まずは結果が最重要項目。

今回で言うと取り付けたという事実が最も重要。
取り付けたあとの継続性(使われ続ける事)は、
どちらかと言うと二の次です。

既成事実として実行して成功した!ことが重要。
壊れた事はまー仕方がない、物は壊れるし。
また壊れたら日を改めて付ければいいじゃない、
という感じになります。

日本だと設置するからには、
壊れないよう使ってもらう後々の事も考えて、、、
と物事を進めますが、この辺は中国人の考えとは相反する点。

壊れたらまたその時に考える。だって壊れる可能性もあれば、
”壊れない”可能性だってある。壊れるか分からないのに、
壊れる事を考えても時間が勿体無いでしょ!という感じです。

結構この考え方、
良く見受けられる中国人の思考パターンの一つです。

壊れたを表現する中国語、坏了(huài le)

坏了の中国語には、「壊れた」という表現以外に、
「腐った」という意味もあります。
生活で結構使える単語ですね。

差点儿坏了 (chà diǎnr huài le) 危うく壊れるところだった。
有一点坏了 (yǒu yī diǎn huài le) 少し壊れた
都坏了 (dōu huài le) 全部壊れた。

スポンサーリンク