「鸡肉 (jī ròu) トリ肉」の音声は以下をクリック。

ケンタッキー、マクドナルド、
日本のファミマ。期限が切れた鶏肉、
腐食で色が変わった鶏肉が問題に。

会社スタッフもこんな一言。
「外での待ち合わせは、マクドナルドで。
クーラーが効いているし。あっ、注文はコーヒー位にして下さいね。
今、食べ物は問題だから。」と、笑えないジョーク。

彼らがファストフードを食べるのは、
大きい会社は安全管理が多分ダイジョウブだろう。
が第一優先。味は二の次なのです。

そんな大前提が、根本からユラユラ。
スタッフは最近朝食メニューすら、
ファストフードを食べなくなっています。

しかし、中国人は鶏肉大好き。
結局加工した鶏肉が不安なら、
加工してない骨付き肉を食べよう!となるのです。

こんな時期に行きたいのは、上海老舗「张鼎鸡(zhāng dǐng jī)」
蒸した鶏肉を秘伝のタレで食す、上海名店。
上海人は必ず一回は来た頃がある、と言っても過言でないです。

鶏肉以外にも麺などの軽食も食べれますが、
メインは蒸し鶏、または内蔵系のメニュー。

心憎いのは店内で食した場合と、
持ち帰った場合の鶏肉の値段の差。

堂吃(táng chī)は、店内。
外卖(wài mài)は、店外なのですが、
価格差なんと1元。良心的過ぎます。

今回は店内で鶏をチョイス。
238_P7200467

注文で難易度高め!の判断単語。
鶏を頼むと店員と交わす一言。

「鸡腿还是鸡脯?
(jī tuǐ hái shi jī xiōng)
鶏もも肉ですか鶏胸肉ですか?」

それぞれ好きずきですが、
必ず聞かれるので、伝えられるようにしましょう。

今回は汁なし麺と蒸鶏もも肉。
ビールと紹興酒を追加。
ここの鶏肉は当たり前に美味いのですが、
鶏肉につけるタレが絶品。
238_P7200466

238_P7200473

生姜にごま油に醤油に、、、と考えながら
いつも食しますが、このタレだけでも、
売れること間違いなし。
238_P7200475

238_P7200476

老若男女、上海人がところ狭しと着席。
ラジオをかけながら、一人ノンビリと食す、
上海人もいれば、息子や娘と食す上海人も。

ここは上海人のオアシスなのです。

スポンサーリンク