「养乐多 (Yǎng lè duō) ヤクルト」の音声は以下をクリック。

留学中の日本人の先輩から頂いたアドバイス。

中国の食生活でお腹を下した時は、
ヤクルトを毎日飲んだらいいよ。
どんな腹痛の薬よりも効果があるから。

要するに毎日体調を整えて、
健全な胃腸にしておけばいい、
そんな留学時代から続く教えの一つ。
232_P7160432

232_P7160434

232_P7160437
広東省を除く中国大陸と台湾ではヤクルトの中国語は、
养乐多(Yǎng lè duō)

広東省と香港ではヤクルトの中国語は、
益力多(Yì lì duō)と呼ばれています。

名前が違うのは养乐多は台湾で1964年に会社設立、
益力多は香港で1969年に会社が設立していますので、
台湾と香港で流行るネーミングを作ったからと思われます。

同じ中華地区でも反応が違うと、
当時判断されたのでしょうね。

それぞれ二つのネーミング別でHPもあります。
养乐多
益力多

バスや地下鉄、テレビCMなどで、
ヤクルト菌はお腹を整えるのに必要不可欠という印象を与える為、
色々、腸とヤクルトの関係性をアピール。

日本とはチョット違った戦略で、
観ていても飽きない作りになっています。

そんなワタシも毎日愛飲するヤクルト。
日本と中国との大きな違いが。

まず容量。日本のヤクルトは65ミリ。
中国のヤクルトは100ミリと、
量が多く飲みごたえバッチリ!お買い得感あり!

しっかーし、肝心のヤクルト菌は、
日本が200億個で中国は100億個。
正確にいうと养乐多は100億個で、益力多は120億個。

量が日本に比べて多い分、ヤクルト菌がちょっと少なめ。。。
飲みごたえのある量を取るか、お腹に効くヤクルト菌を取るか。。。

この辺は中国人を意識して、
ゴクゴクと飲みごたえを重視しているように思えますね。

健康意識の高い中国でも、ヤクルトは非常に人気の高い、
日本製品の一つです。

スポンサーリンク