「SIM卡 (SIM kǎ) SIMカード」の音声はコチラから。
SIM卡の発音でSIM部分は(シム)と発音されませんので、ご注意を。

日本では最近SIMフリーになった!とニュースになっていましたが、
中国の携帯、SIMフリーでどんな携帯でも利用がOK。
この辺は中国、非常に便利です。

その代わり日本と違ってキャリアを変えると、
携帯番号の変更が発生する必要があります。

携帯SIMカードは街の至る場所で購入ができ、
わざわざ中国移動など携帯会社に行かなくとも、
キオスク的なこんな場所で購入ができます。

ただ昨年よりちょっと不便な事が。
今では購入して直ぐに携帯に差し込めば使えたSIMカード。
昨年年末より実名制登録が発生。

購入したキオスクスタンドの店主から、
「携帯会社へ持ち込んで登録を」のアナウンス。

先月携帯番号を購入したいという
友人に同行したことで判明しました。

留学来たばかりで中国語が話せず、
土地勘が無い場合は完全にこの状態はアウトです。
実名制になったのは犯罪利用の防止などと思われますが、
中国も何かと不便になりつつあります。

まずは中国移動の営業場所を探しましょう。
中国移動のWEBサイト。
WEBに表示される地図を押せば、自宅近くの営業所を探せます。

営業所への持参品は、
携帯、購入したSIMカード、パスポート。

こんな中国語を紙に書いて持って行きましょう。
「要登记手机卡(yào dēng jì shǒu jī kǎ)携帯カードの登録をしたいです。」

入り口で紙を見せて、待ち合わせ番号を貰い、
窓口で携帯カード、パスポート、中国語の紙を提出。

数枚の契約書にサインをしたら終わりです。
細かく何かしら聞かれる事はありません。
誰がどの番号を使っているか、を管理するのが目的なのでしょう。

そんな手続きをして数日後、キオスクにこんな張り紙を発見。
181_20140422_124958

购手机卡可现场实名登记
(gòu shǒu jī kǎ kě xiàn chǎng shí míng dēng jì)
購入した携帯カードは現場で実名登録できます。

キオスクの一部によっては、
パスポートとカードを持参すれば、その場で登録OKだそうです。
店主の携帯で番号登録ができるようです。

携帯を購入する時は、ちょっと注意が必要のようです。

携帯を登録したら、あとのチャージは楽ですよ。
生活のお供。便利な携帯プリペード充電方法。携帯チャージプリペードカード【充值卡】

スポンサーリンク