「跳舞 (tiào wǔ) ダンスをする」の音声は以下から。

新疆料理屋での一コマ。この女性は新疆族ダンサー。
新疆ミージックに合わせ、踊る姿は上海を忘れて新疆旅行気分。
121_PICT0013 (2)

121_PICT0016
上海にある新疆料理店では、食事を取りながら、ダンスを鑑賞できる、
店舗が以外と多く存在しています。

スタッフの入れ替え時期によって、味付けがブレる事がありますが、
ダンスを見ながら楽しめます。新疆料理、ちょっと辛めです。ご注意を。

店によっては女性が大蛇を巻きつけて、
お客さんへ近寄り、魅惑のダンスを繰り広げるところも。
蛇が当たりそうで、背中ゾクゾクです。

121_PICT0009

新疆料理は宗教上の観点から豚肉を食べることはなく、
肉類は、牛、羊、鳥が中心です。

特に上海に住む日本人に馴染みがあるのは、
シシカバブー(羊肉串)などの羊料理かも知れません。

羊肉串は人気店では肉の回転が早いせいか、
羊独特の臭みは少なく、ビールに非常にマッチする味。
スパイシー&ジューシー。

日本に帰任した日本人の中には、
上海に戻ったら、あの羊肉串(シシカバブー)が、
食べたーいという声も多いです。

新疆。日本ではウイグルとも呼ばれる、
中国内陸部にある自治区の一つ。

ココに住む少数民族ウイグル人が大多数を占め、
顔つきは一般的な漢族とは違っています。

女性はダンサーの写真のように、
目鼻立ちがハッキリとした中東を思わせる顔立ち。
男性の系統は、マリブラザーズのマリオと、ルイージ似が多い。

男性は立派な髭を蓄えて、
民族のシンボルでもある短刀を、
腰にぶら下げている場合があります。

上海で新疆レストランに食事に行った時に、
偶然にも新疆人の結婚式が執り行われており、
空いている席に通され肩身を狭くしつつ、
食事をしたのを覚えています。

結婚式のため正装での出席だったようで、
男性は短刀を持っていたのを覚えています。

もしまだ上海で新疆料理を楽しんだ事がないのであれば、
一度は経験されて下さい。意外と癖になるかも知れません。

スポンサーリンク